SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ピュア・ストレージCEO ジャンカルロ氏、環境重視のストレージ戦略で市場を上回る業績を発表

 データストレージ製品・サービスを提供するピュア・ストレージのCEO チャールズ・ジャンカルロ氏が同社のイベントにあわせて来日し、8月25日に会見を行った。2023年度の第1四半期の決算状況、ストレージ市場の動向や「アズ・ア・サービス」化による製品戦略、サステナビリティ経営のための対応などを語った。

ピュア・ストレージ CEO チャールズ・ジャンカルロ氏/ピュア・ストレージ・ジャパン 代表取締役社長 田中良幸氏
ピュア・ストレージ CEO チャールズ・ジャンカルロ氏/ピュア・ストレージ・ジャパン 代表取締役社長 田中良幸氏

ストレージ市場を上回る成長

 ピュア・ストレージ(以下、ピュア社)は2022年度においては、21.8億ドルの売上で数年間売上成長を続けている。今期2023年度の第1四半期においては6億2,000万ドルの売上で、対前年度50%増、非GAAPベースの営業利益は8,500万ドルを達成し、非常に好調な業績を切った。

 業績が好調な理由について、ジャンカルロ氏はハイブリッド・クラウド・アーキテクチャに基づくフラッシュ型のストレージ製品、サブスクリプションの売上が好調に推移していることなどをあげた。

 また今期のトピックとして、2020年に買収したコンテナ/Kubernetes対応のデータサービスを提供する「Portworx Data Services」やクラウド型ストレージサービス「Pure Fusion」の提供も開始したこと、製品のエネルギー使用量や廃棄物の削減への取り組みを、ESGレポートを公開していることなども紹介した。

 続いてジャンカルロ氏は、ストレージの競合他社が過去8年間、売上が下降気味であることに対し、ピュア社の売上が伸長していることをグラフで示し、その優位性は「ビジネスモデルの継続的イノベーション」によるものだと言う。

 [画像クリックで拡大]

 ピュア社の製品サービスの体系は、ストレージを一旦サブスクリプションで購入した後に拡張していくタイプの「Evergreen//Forever」、HW購入型の「Evergreen//Flex」、使用量課金(アズ・ア・サービス)型の「Evergreen//One」からなり、ユーザー企業は、自社に最適なIT投資が可能だ。

 [画像クリックで拡大]

 また、「Infrastructure as Code」(コードとしてのインフラストラクチャ)という考え方に基づいた自律型ストレージによって、瞬時の変化に対応するプロビジョニングやスケーラビリティも特長となる。「こうした条件がIT部門の開発者に受け入れられた」とジャンカルロ氏は言う。

 また「Evergreen」というブランドの意味するものは、環境適応やサステナビリティ経営への貢献であることを語った。ストレージの高密度化、高エネルギー効率や高熱効率設計、モジュール式コンポーネントなどの技術が、消費電力や電子廃棄物の削減に結びついていることも強調した。

日本法人は成長市場にフォーカス

 日本法人であるピュア・ストレージ・ジャパン 代表取締役社長の田中良幸氏も「市場全体が17.1%のマイナスの中で、前年比50.8%の成長を遂げている」ことに胸を張る。またNPR(ネットプロモータースコア)も高く推移しており、顧客からの信頼を得ていることも強調した。またピュア社のストレージ製品が企業のクラウド化を加速するものではあるが、現実的にはクラウドとオンプレミスのハイブリッド・アーキテクチャであることの重要性も指摘する。

「オンプレミスかクラウドのどちらかという話はもう必要ない。どこに置かれていても、すべてを包括することが企業や組織の真のデータストレージのあり方だ」(田中社長)

 日本法人としては、成長市場であるパブリックセクター・政府機関やサービスプロバイダ、金融・保険サービス、製造などの分野に今後注力していくという。

 会見後、同社の年次イベント「Pure//Accelerate Japan」が開催された。ジャンカルロ CEOによる基調講演のほか、NTTデータ、群馬大学医学部附属病院 、JOCDN、トビラシステムズ、北海道新聞社などによる事例発表も行われた。

Pure//Accelerate Japan
Pure//Accelerate Japan

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

翔泳社 メディア事業部。同志社大学卒業後、人材採用PR会社に就職後1994年から翔泳社に参加。以後、翔泳社の各種イベントの立ち上げやメディア、書籍、イベントに関わってきた。現在は、嘱託社員の立場でEnterpriseZineをメインに取材・編集・書籍などのコンテンツ制作に携わる。 趣味:アコギ、映画鑑賞。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16522 2022/08/27 10:06

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング