SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

リクルート、「SmartDB」で最大10万IDが利用可能な基盤を整備へ 業務支援ツールの統合進める

 ドリーム・アーツは、リクルートに、業務デジタル化クラウド「SmartDB」を提供したと発表した。

イメージ:次期汎用ワークフロー基盤導入の取り組み概要<br/>[画像クリックで拡大表示]
イメージ:次期汎用ワークフロー基盤導入の取り組み概要
[画像クリックで拡大表示]

 リクルートは、全社的な業務支援ツールの統合とガバナンスの強化、数多の紙やExcel業務のワークフロー化を推進することを目的に、新システムの導入を検討。複数ツールの統合にあたって求められる機能要件や権限制御の要件を満たしたうえで、ノーコード・ローコード開発によりワークフローのデジタル化を進められることがSmartDB採用のポイントになったという。

 4月には、リクルート約18,000名が利用する次期汎用ワークフロー基盤として利用を開始。まずは総務・人事関連の業務や営業報告などの業務からワークフローのデジタル化を実現し、既に47業務で本番運用を開始しているという。また、グループ企業や取引先などの社外関係者を含む最大10万IDが利用可能な基盤として環境整備を推進中だとしている。

 リクルートは、SmartDBで業務をワークフロー化するにあたってのテンプレートや学習コンテンツの拡充も併せて進行中。安全性を担保したうえで業務変革を実現する環境として整備していくという。

【関連記事】
リクルートとGMOグローバルサイン・HDが業務提携を発表 不動産業界のDX推進を目指す
リクルート、飲食店におけるデジタルツールの導入効果の調査結果を発表
弁護士ドットコムとリクルートが業務提携 規約管理を支援するSaaS「termhub」を共同開発へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16675 2022/09/27 11:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング