SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ブロードリーフと富士通、作業分析・業務最適化ソリューション「OTRS」に作業分節AI技術の搭載目指す

 ブロードリーフと富士通は10月19日、ブロードリーフが開発・提供する作業分析・業務最適化ソリューション「OTRS」に富士通の作業分節AI技術を搭載することで、運用負荷を軽減することを目指した共同開発を行うことに合意した。

画像を説明するテキストなくても可

 OTRSは、IE(Industrial Engineering)手法に準拠し、製造現場において作業中のスタッフの一連の動作を撮影した映像の人・モノ・機械の動きを正確に動画分析・時間分析するツール。富士通が提供する作業分節AI技術は、1回分の作業映像から要素作業ごとに分割したデータを教師データとして学習し、同一作業における要素作業を自動検出することを可能にするという。要素作業の検出においては、映像から人の様々な行動を認識する行動分析技術に含まれる3次元骨格認識技術を用いている。

 従来のOTRSは、動画全体を作業の要素ごとに分割する作業をすべて手動で行う必要があったが、作業分節AI技術を搭載することで、最初に見本となる動画を手動で分割。この情報を作業分節AIに学習させることで、残りの動画は自動で分割されるため、作業時間の短縮を実現するという。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 富士通は今後、作業分節AI技術を「Fujitsu Cognitive Service GREENAGE」としてOTRSへ組み込むことを想定し、商品提供する予定だとしている。

【関連記事】
富士通、ブロックチェーン活用などにより安全なデータ流通を実現するトラスト機能群を提供開始
富士通と中国電力ネットワーク、送電設備の保全業務におけるドローン活用などに向け実証試験を実施
富士通、ニュージーランド大手セキュリティ企業を買収 グループ内セキュリティ領域を強化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16831 2022/10/20 21:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング