SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAPジャパン、支出管理ソリューション「Ariba」「Fieldglass」「Concur」に新機能

 SAPジャパンは、SAPの支出管理ソリューションIntelligent Spend Managementの「SAP Ariba」「SAP Fieldglass」「SAP Concur」に新しいイノベーションを追加すると発表した。

SAP Central Procurementの最新リリースにより、複数のERP環境で調達・購買管理をシンプルに

 SAP Central Procurement, private cloud editionは、複数のあらゆるERP環境にまたがって存在する定義、既存のソリューションやワークフローを中断させることなく、バリューチェーン全体で発生した情報を管理する。個別のトランザクションは各バックエンドシステムで処理されるが、SAP Central Procurement, private cloud editionで集中管理することで、購買依頼や、購買からソーシング、契約にいたるまでのすべてを一元的に確認・管理することができるという。

SAP Ariba Procurementの新機能

 購買業務を予測し、企業が期待する購買体験を支援するために設計された「Buying 360」と呼ばれる新機能を発表。Buying 360は、マニュアルなしで調達・購買業務を直観的に操作支援するためのガイデッドバイイング機能を強化したものだという。この新機能により、購買履歴、購買担当者の役割、持続可能性をはじめとする企業の優先目標などのデータに基づいて、購買提案を行うことで、企業の購買体験の向上を目指す。また、カテゴリー管理を調達・購買における重要機能と位置付け、強力に支援するソリューションを発表した。

SAPのIntelligent Spend Managementが米国の規制業種に対応

 米国の政府機関や規制の厳しい業界に属する企業向けに、市場をリードするSAPの支出管理およびビジネスネットワークソリューションのエンタープライズグレードのセキュリティ対応を強化した。

 SAP Fieldglassは、FedRAMP(Federal Risk and Authorization Management Program:米国連邦リスクおよび承認管理プログラム)の適正パラメーターに従い、NIST(アメリカ国立技術標準研究所)の基準に合わせて構築されたSAP National Security Services(SAP NS2)ポートフォリオで利用できるようになったという。また、SAP Fieldglassは、ITAR(International Traffic in Arms Regulations:国際武器取引規則)にも準拠している。

 SAP Business Network for ProcurementとSAP Business Network for Supply Chainは、2023年に商用規制環境下でSAP NS2ポートフォリオで利用可能になる予定で、SAP Concurも順次対応予定。

SAP Ariba と Icertisソリューションの拡張統合

 SAPとIcertisパートナーシップ拡大に向けて、SAP AribaとIcertis契約管理ソリューションの緊密な統合を通じた、幅広い契約管理シナリオで顧客を支援。この統合強化により、コラボレーションの改善、ユーザー体験の向上、柔軟で合理的な契約管理プロセスを提供する。また、Icertisで契約を作成しながら、自動的にSAP Aribaに契約データを反映させるなど、効率的な契約管理プロセスを提供するという。

【関連記事】
商船三井が「SAP S/4HANA Cloud」採用 アドオンを極小化しシンプルな業務プロセスを実現
PwCコンサルティング×SAPジャパン、顧客データソリューションで協業
リクルート、経営管理基盤の刷新に向けて「RISE with SAP」を採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16936 2022/11/10 15:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング