SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

【残席わずか】データ分析基盤の作成前後での課題、企業事例を交えprimeNumber CPOが解説 

 翔泳社 EnterpriseZine編集部は、2022年12月8日にデータカンファレンス「Data Tech 2022」を開催します。

 同カンファレンスは年に一度編集部主催で開催している、企業のデータ利活用の促進に向けたものであり、今年は「データ活用を実装するとき~持続可能な成長戦略を練る~」をテーマに豪華講演者を招へい。企業講演では、primeNumber 取締役執行役員 CPO 平本健二氏が「データ分析基盤をつくるとき/つくったあと、それぞれの課題とデータマネジメントの必要性~大手・メガベンチャーなど先進企業の実践例つきで解説~」と題して、データマネジメントに取り組むための重要ポイントを解説します。

 データ分析基盤の構築は、「データドリブン」を体現したい企業にとって死活問題。ただし、何とか構築できたとしても新たな課題にも対応しなければなりません。primeNumber CPO 小林氏は、「データ分析基盤の成長曲線を0→1、1→10、10→100のフェーズに分けた時、それぞれ何が起こり、何が必要でどんな課題が出てくるのか。その中でのデータマネジメントの必要性とはあらためて何なのか」と問いかけます。

 講演では、データマネジメントの重要性はもちろん、データ分析基盤の前後で発生しうる課題にどのように対処していく必要があるのか。大企業やメガベンチャーの事例を交えながら、丁寧に解説します。データマネジメントがうまくいかない、基盤を構築しただけで活用できていないという読者の方など、ぜひ皆さまお誘いあわせの上でご参加ください。

Data Tech 2022 データ活用を実装するとき~持続可能な成長戦略を練る~

【企業講演】データ分析基盤をつくるとき/つくったあと、それぞれの課題とデータマネジメントの必要性
~大手・メガベンチャーなど先進企業の実践例つきで解説~

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16999 2022/11/24 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング