SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アシスト、ミドルウェア製品のAWS導入を支援する「パッケージ on AWS」を提供開始

JP1、Zabbix、Qlik、HULFT製品など7製品に対応

 アシストは、同社が取り扱うミドルウェア製品のAWS上への導入を支援するソリューションとして「パッケージ on AWS」の提供を開始すると発表した。第1弾として、統合システム運用管理「JP1」(開発元:日立製作所)など7製品に対応し、今後は順次、他のミドルウェア製品にも展開していく予定だとしている。

 企業におけるクラウド活用が加速する中、アシストの顧客企業からも、ミドルウェア製品をAWS上で利用したいという要望が数多く寄せられていたという。一方で、インフラとミドルウェア製品を別々に契約した場合、構成の検討や契約業務が煩雑になったり、ライセンスポリシーが複雑な製品の場合は契約までに時間がかかるといったことが課題となっていたという。

 そこで、アシストのAWS専任技術者と各ミドルウェア製品の専任技術者が連携し、要件ヒアリングから、契約、構築、さらには運用開始後のフォローまでをトータルに支援する「パッケージ on AWS」を提供する。具体的には、以下の5段階で支援するとしている。

  1. 提案:要件ヒアリング、AWSおよび各ミドルウェア製品のシステム構成検討、見積もり
  2. 契約:AWSおよび各ミドルウェア製品一括でアシストにて対応
  3. 研修:顧客企業がノウハウを習得可能なスキルトランスファー型で提供
  4. 設計・構築:AWSおよび各ミドルウェア製品の専任技術者の連携による構築
  5. アフターフォロー:最新情報提供など運用開始後のフォロー
画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 今回の「パッケージ on AWS」の利用により、顧客企業は、各ベンダーとの契約業務や個別のシステム構成検討、ベンダー間の仲介といった煩雑さから解放されるだけでなく、AWS上でアシストが取り扱うミドルウェア製品を最短で利用開始でき、それぞれの領域の責任分界点が曖昧となるリスクや、問題発生時の切り分け業務を回避し、最適で安心した状態で利用し続けることが可能になる。

 現在支援可能な7製品としては以下を挙げており、今後「パッケージ on AWS」対応製品を拡大させていく予定とのことだ。

  • 運用管理ツール:「JP1」、「Zabbix」(開発元:Zabbix LLC)
  • BIプラットフォーム:「Qlik」(開発元:Qlik Technologies Inc.)
  • データ連携/ファイル連携基盤:「DataSpider Servista」、「HULFT」(開発元:セゾン情報システムズ)
  • ETL基盤:「Precisely Connect」(開発元:Precisely Inc.)
  • 統合ログ管理システム:「Logstorage」(開発元:インフォサイエンス)

【関連記事】
アシスト、3ヵ月間の50周年記念イベント「愉快祭」が開幕 ITを活用し「文化祭」「体育祭」を実施
アシスト、「AWS標準化検討支援サービス」を提供 アカウント設計やセキュリティ対策など運用支援
アシスト、7月27日より「ExaDB-D構築支援サービス」提供 基盤構築から運用実装までサポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17134 2022/12/19 12:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング