SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IPA、「情報セキュリティ 10大脅威 2023」の解説書を公開 具体的なセキュリティ対策も網羅

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は2月28日、同機構が今年発表した「情報セキュリティ 10大脅威 2023」の解説書(組織編)を発表した。

 「情報セキュリティ 10大脅威 2023」は、情報セキュリティ専門家を中心に構成する「10大脅威選考会」の協力の下、2022年に発生したセキュリティ事故や攻撃の状況などから脅威を選出し、投票により順位付けして解説した資料だ。

 この資料は「個人」と「組織」という異なる立場で、それぞれの脅威を順位付けし、立場ごとに10大脅威を決めている。同機構によれば、各脅威が自分自身や自組織にどう影響するか確認しながら本書を読み進めることで、様々な脅威と対策を網羅的に把握できるという。

 今回同機構のサイトで発表されたのは、『情報セキュリティ10大脅威 2023』の組織編(個人の脅威に対する解説については(3月中旬)公開予定)。その他にも『情報セキュリティ10大脅威の活用法』、『情報セキュリティ10大脅威 2023 セキュリティ対策の基本と共通対策』が公開されている。

 組織の10大脅威では、9位以上の脅威が2022年から2年連続で10大脅威に選抜。特に「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃」は2013年から2位以上を維持。「標的型攻撃による機密情報の窃取」を抑えてのランクインとなっている。

 また、10位となった「犯罪のビジネス化(アンダーグラウンドサービス)」は「10大脅威2018」以来5年ぶりにランクインとなったという。これは盗んだ情報の売買だけではなく、攻撃に使用するツールやマルウェアの売買が行われることもあり、攻撃のさらなる増加につながる脅威でもあるため、組織として取り組むべき重要度がさらに上がっているとのことだ。

【関連記事】
IPAが『DX白書 2023』を公開、DX事例に関する分析結果などを追加へ
「アンダーグラウンドサービス」が浮上──IPA『情報セキュリティ10大脅威 2023』を公開
官民で国外でのサイバー演習に参加傾向 IPAのサイバーレスキュー隊が22年度上半期レポートを公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17427 2023/04/03 11:02

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング