SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本企業の6割、5つ以上のSaaSを利用 オラクルが調査結果を発表

 日本オラクルは「主流となるマルチクラウド活用」の調査結果を発表した。この調査は、北米で1,000人以上、日本を含むその他の地域で500人以上の従業員を有する企業を対象とし、合計1,500人に組織内でのクラウドの利用方法について調査したというもの。

 調査の結果、調査対象の企業の98%が「少なくとも2つのクラウド・インフラストラクチャ・プロバイダー(IaaSとPaaS)を利用している、または利用する予定」であるという。

 また、31%が「4つ以上のクラウド・インフラストラクチャを利用または利用予定」としており、日本でも98%が「2つ以上」、35%以上が「4つ以上を利用または利用予定」であると回答。

 そして96%の企業が、「少なくとも2つのクラウド・アプリケーション・プロバイダー(SaaS)を利用している、または利用する予定」であり、45%が「5つ以上のプロバイダーのクラウド・アプリケーションを利用または利用予定」と回答している。

 日本では、「2つ以上」は約92%とグローバル全体より低くなっているものの、「5つ以上を利用または利用予定」という回答は約60%とグローバルを大きく上回っている。

 なお、グローバル企業におけるマルチクラウド戦略の推進要因の上位2つは「データ主権/データの局所性(41%)」と「コストの最適化(40%)」となっている。その他の推進要因としては、「ビジネスの俊敏性とイノベーション(30%)」、「ベスト・オブ・ブリードのクラウド・サービスとアプリケーション(25%)」、「クラウドベンダー・ロックインの懸念(25%)」などが挙げられている。

 日本企業においてもグローバルと同様に、「コストの最適化(44%)」と「データ主権/データの局所性(33%)」が上位2つの要因となっている。次いで、「ビジネスの俊敏性とイノベーション(28%)」、「ベスト・オブ・ブリードのクラウド・サービスとアプリケーション(28%)」、「規制対応(28%)」が挙げられている。

 日本で現在最も期待しているマルチクラウドのユースケースとして「開発者の選択支持(23%)」が最も高く、次いで「複数のパブリック・クラウドでのコスト最適化(21%)」となっている。

 また、将来的に期待されるユースケースは「データの冗長化・バックアップ(61%)」、「ワークロードやデータのモビリティ(56%)」がグローバル同様に上位となっている。日本企業においては、「地理的拡大やグローバルなサービス提供(46%)」も上位となっており、次いで「複数のパブリック・クラウドでのコスト最適化(41%)」、「開発者の選択支持(41%)」が挙げられており、将来のユースケースにおいても開発者の選択を尊重する傾向が見られるとのこと。

 日本オラクルの常務執行役員 クラウド事業統括 竹爪慎治氏は今回の発表にあたり次のように述べている。

 「今回の調査では、日本を含むグローバルの企業のほとんどがマルチクラウドを利用または利用予定と回答しています。その準備ができているかどうかにかかわらず、マルチクラウドは無視できない存在となっており、事業の変化の中で短期間でマルチクラウド環境に変更する可能性もあれば、戦略的に最適なクラウドを段階的に選定して利用したいと考えている企業もいます」

【関連記事】
日本オラクル、ガバメントクラウド移行に関与するパートナー企業向け各種支援策を発表
兵庫県三木市と日本オラクル、スマートシティ推進に関する官民連携協定を締結
日清紡マイクロデバイス、オラクルのクラウド・アプリケーションを導入 旧来のシステムを一新へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17525 2023/03/23 16:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング