SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ミツウロコグループ、「Oracle Cloud ERP」など導入 子会社38社で稼働

 日本オラクルは、ミツウロコグループホールディングスが、基幹システムに、「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning(ERP)」とその製品群である「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)」を採用し、グループ子会社38社を対象に稼働したことを発表した。

 ミツウロコグループは、エネルギー、電力における主力事業の強化と新たな事業展開として、海外を含めたM&Aや同業他社との提携などの投資を行い、フーズ、リビング&ウェルネスなどの事業を展開している。

 既存の基幹システムは、ガスを中心としたエネルギー事業に特化しており、他の事業・業態(フーズ、電力など)のニーズに対応できておらず、カスタマイズに起因する不安定な稼働や開発・運用工数の増加などの課題が顕在化していたという。

 また、専門性の高いパッケージであることに加え、運用保守を委託できるベンダーが限られるという懸念もあったとのこと。こうした課題を解決できる仕組みであり、複数事業の会計システムをグループ全体で統合することで、連結決算の早期化を実現できるOracle Cloud ERPを選択したとしている。

 今回の導入により、各事業から収集した、仕訳情報を「Oracle Accounting Hub」を介してOracle Cloud ERPの総勘定元帳に集約。販売管理方法の異なる各事業・業態の既存システムはそのまま利用しながら、会計データのみを統合し、連結決算の早期化を推進しているという。

 また、グローバル共通の標準プロセスが提供され、複数企業の業務を統合し業務効率化を実現。Pure SaaSであることで保守運用の負荷を軽減し、経理業務をデジタル化することに加え、業務の属人化を解消して生産性を向上するなど、働く環境の改善にも寄与するとしている。

【関連記事】
兵庫県三木市と日本オラクル、スマートシティ推進に関する官民連携協定を締結
日本オラクル、ガバメントクラウド移行に関与するパートナー企業向け各種支援策を発表
日本オラクルと富良野市、 北海道大学が産官学連携協定を締結 学生と二人三脚で社会課題解決へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17695 2023/04/27 12:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング