SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

LegalOn Technologies、初となる法務領域外のプロダクト提供へ GPTを活用

 LegalOn Technologiesは、会社の意思決定に関するプロセスを可視化するとともに、アクションの実行を支援する「意思決定プロセスマネジメントシステム」のβ版をリリースした。

 企業では、経営会議を始めとする会議体を通して多くの意思決定が行われるが、決定したアクションが実行されない、決議後に決議内容のモニタリングや検証がなされないままになっているなど、様々な課題があるという。同システムでは、意思決定情報を見える化し、経営の意思決定を現場に伝達。決議された事象を抜けもれなく実行まで、一連の意思決定プロセスを管理できるとしている。

 なお、同社はこれまで、法務領域に特化した製品(AI契約審査プラットフォーム、AI契約管理システムLegalForceキャビネ、米国市場向けLegalOn Review)を提供してきた。同システムは従前の製品群と異なり、法務以外の領域として初のプロダクトだという。

 同システムは今後、OpenAIのGPTモデルに代表されるAI技術・大規模言語モデル(LLM)を活用することにより、企業の意思決定領域において、新しい顧客体験を提供していくとしている。

【関連記事】
意思決定の苦痛から、AIに決めて欲しいと思うビジネスリーダーは7割も オラクルが調査結果を発表
米国の公共機関、民間企業の半数がサイバーセキュリティの意思決定にデータ活用できず──Splunk調査
CyberArk、IDセキュリティの調査結果を発表 正しい意思決定できている組織は約3割

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17715 2023/05/09 18:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング