SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サイバーエージェント、独自の日本語LLM(大規模言語モデル)開発──国内最大級のLLM開発も予定

 サイバーエージェントは、独自の日本語LLM(Large Language Model:大規模言語モデル)を開発したと発表した。

 同モデルは既に130億パラメータまでの開発が完了しており、同社が提供する「極予測AI」「極予測TD」「極予測LP」などAIを活用した広告クリエイティブ制作領域のサービスにおいて活用を始めているとのこと。今回、日本語に特化した独自の大規模モデルを開発しており、同社が保有する大規模な日本語データを活かした独自モデルを開発したことで、従来よりも自然な日本語の文章生成が可能になるという。

 また、国内初導入した「NVIDIA DGX H100」を活用した国内最大級のLLM開発を予定しているなど、より性能の高いモデルの開発を見据えているとのことだ。

 同モデルは、広告配信やクリエイティブ制作における技術課題の解決に取り組むAI研究開発組織「AI Lab」とプロダクト開発チームが共に研究開発しており、今後、産学連携などの取り組みを通し国内における自然言語処理技術の発展に貢献。広告制作のみならずチャットボットやRPAをはじめとする業界特化型のLLMの構築や、各企業と連携したLLMを活用したビジネス開発の推進なども予定しているという。

【関連記事】
グッドパッチとサイバーエージェント、DX支援領域において業務提携──第三者割当増資も実施
サイバーエージェント、「デジタル市役所研究所」を設立 行政手続きの情報DX化へ
NTT Comとサイバーエージェント、小売流通企業のDX推進に向け提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17729 2023/05/11 15:43

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング