SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

住友生命、全国約1,200台の専用サーバーを撤廃へ──「Tanium」導入

 住友生命保険(以下、住友生命)は、タニウムが提供する統合型エンドポイント管理プラットフォーム「Tanium」を採用したと発表した。

 住友生命では、社内の約50,000台の端末へのアプリケーション更新やセキュリティパッチ適用に、全国の拠点に約1,200台設置している専用サーバーを用いた配信システムを使用している。同配信システムの更改にあわせた新たな取り組みとしてTaniumを導入することで、サーバー機器を撤廃し、機器の保守・維持コストの低減や、温室効果ガス排出削減が可能になるという。

 また同システムの導入によって、これまで保守・維持にかかっていたコストをデジタル投資にシフトすることが可能になったとのこと。「人」によるサービスに、「デジタル技術」を融合したサービス提供を実現し、顧客一人ひとりのウェルビーイングに貢献していくとしている。

「Tanium」の活用イメージ
「Tanium」の活用イメージ

 住友生命は今後、端末管理の各種業務にTaniumを活用し、EDR機能の拡張も予定しているとのことだ。

【関連記事】
SBOMに取り組む組織は全体の6割 タニウムが日本におけるセキュリティ調査結果を発表
荏原製作所、同グループの国内外IT資産管理にタニウムを採用 パッチ適用のセキュリティ負担が大幅改善
舶用電機メーカーのフルノ、グローバル事業のセキュリティ環境構築に向けタニウムを採用と発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17744 2023/05/15 17:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング