SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CSK証券サービス、東証次世代システムへの対応にIBM WebSphere MQ Low Latency Messagingを採用

CSK証券サービスでは中核事業の一環である金融マーケット情報配信サービス「MarketViewer」において、マーケット情報量の増大に耐えうる高可用性を確保するとともに、東証次世代システムの処理能力に対応するため、情報配信基盤の見直しを検討してきたという。

一方、IBMの「WMQ LLM」は、非同期型のメッセージング処理を行うソフトウェア製品「IBM WebSphere MQ」のひとつで、データ量の変動が激しい状態でも常に一定の高速性を保証することを目的として開発された。本製品は、Linux 上で最大94万7,000件/秒の高スループット、最速29マイクロ秒の高速性を持つサーバ-クライアント間通信が可能で、マイクロ秒、ナノ秒単位でのスピード競争が行われている証券業界に適した製品だという。CSK証券サービスは、この高い処理性能を評価して、「WMQ LLM」を採用。

また、これを受け、IBMでは現在、本製品を活用した新しい「MarketViewer」の開発を進めているという。金融マーケット情報配信サービス「MarketViewer(マーケット・ビューワー)」は東証、大証、JASDAQなどからのリアルタイム株価、気配などの相場データをはじめ、種々のチャート、企業情報、ニュース、銘柄情報、決算情報、指標などさまざまな金融マーケット情報をネットワークを通じて証券会社、金融機関などへ配信するサービス。一般投資家向け情報、証券会社の営業員向け情報などの種類がある。

新「MarketViewer」は、1秒間毎の情報処理能力を現行の667件/秒から、東証次世代システムの8,200件/秒をはるかに上回る50,000件/秒と75倍に引き上げ、2010年1月より提供開始する予定。これにより東証の処理能力アップを100%反映した迅速かつ正確なデータを提供する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1779 2009/08/26 14:07

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング