SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本のランサムウェア身代金支払い率は世界最低レベルを更新中 プルーフポイントが年次レポートを発表

 日本プルーフポイント(以下、プルーフポイント)は、年次レポートの最新版「2023 State of the Phish(ユーザーの意識、脆弱性およびレジリエンスの詳細調査)」の日本語版を発表した。

 今回の「2023 State of the Phish」年次レポートは、日本を含む主要15ヵ国(アメリカ、日本、韓国、シンガポール、オーストラリア、カナダ、ブラジル、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、オランダ、スウェーデン、UAE)における、ITおよびITセキュリティ担当者1,050人のほか、同15ヵ国の成人労働者7,500人を対象とした調査となっている。

 日本における主な調査結果としては、日本の組織の64%(世界平均:84%)が、2022年に少なくとも1回の「メールを用いたフィッシング攻撃」によって被害を受けており、うち13%(世界平均:30%)が直接的な金銭的損失を報告しているという。なお前年にフィッシング攻撃を経験した組織のうち、直接的な金銭的損失を報告した日本の組織はわずか3%となった(世界平均:17%)。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 なお2022年のランサムウェア感染率について日本は68%と、前年よりも18ポイント増と被害が拡大している。一方でランサムウェアに感染した日本の組織のうち、少なくとも1回の身代金を支払った日本の組織はわずか18%(昨年より2ポイント減)と、世界平均の64%と比べ大きく下回っており、世界のトレンドと逆行している。

 プルーフポイントの3年にわたる調査のうち、日本は3年連続で調査対象国の中で最も低い身代金の支払率となっており、この背景について日本プルーフポイントのチーフエバンジェリストである増田幸美氏は、「日本では、身代金を払うことに対する倫理的な意識の高さが要因ではないか」と推察している。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 また増田氏は、今回の発表の総括として次のように述べている。

 「日本のランサムウェアの感染率は前年より高くなり2022年は68%でした。しかし、日本のランサムウェアに対する身代金支払率は2年連続で減少し、2022年は18%でした。これは調査対象国のうち、3年連続で最も低い身代金支払率となっています。2020年、2021年、2022年で共通する調査対象7ヵ国の身代金支払率の平均は3年連続で増加している中で、日本は世界と異なる傾向を見せています。身代金を一度支払うと、他のランサムウェア攻撃グループから再び狙われることが多いため、『脅しに屈しない』態度を見せることは、犯罪を助長させないことにつながります。日本全体においてセキュリティ文化をさらに醸成させることで、攻撃を受ける機会を減らし、攻撃を受けた場合の回復力を高めることができます」

【関連記事】
日経225企業の約7割「なりすましメール詐欺」に有効な対策が未実施 プルーフポイントが調査結果を発表
プルーフポイント、2023年のサイバーセキュリティ7大予想を発表
深刻なサイバー攻撃リスク、経営層クラスが半分を占める プルーフポイントが調査結果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17831 2023/05/31 19:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング