SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セゾン情報システムズから「セゾンテクノロジー」に商号変更、来年4月1日から

 セゾン情報システムズは、6月20日に開催された第54期定時株主総会における議案承認を受け、2024年4月1日をもって「株式会社セゾンテクノロジー(英文表記:Saison Technology Co.,Ltd.)」に商号を変更すると発表した。

 今回の商号変更は「世界中のデータをつなぎ、誰もがデータを活用できる社会を作る。」というミッションを受け、1970年の設立当初から培われてきた技術力および実績、そしてテクノロジーの持つ無限の可能性への誇りを基盤に、同社が第一線で提供してきた価値をさらに発展させて社会に届けていく決意を込めたものだという。

 同社代表取締役 社長執行役員CEOの葉山誠氏は「当社は、ミッションクリティカルなシステムや、今年30周年を迎えたHULFTなどのソフトウェアの開発を通じて、社会と産業を支える役割を担ってまいりました。今回の商号変更を通じて、お客様やパートナー様をはじめとする皆様に、私たちが技術を重視する会社であることをあらためてお伝えし、DXの先にある豊かな社会に向けて技術の面から引き続き貢献していく所存です。新しい挑戦を続けるセゾン情報システムズ改め、セゾンテクノロジーに、今後もご期待ならびにお力添えを賜れますと幸いです」と語っている。

【関連記事】
セゾン情報システムズ、Tanium XEM導入を発表 数千以上の端末脆弱性を迅速に確認し業務改善へ
セゾン情報システムズ、「HULFT Square」提供へ 関連サービス含めて4年間で500社を目標
セゾン情報システムズ、マルチプロトコルゲートウェイサービス基盤にDALの「ACMS Apex」を採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17929 2023/06/20 21:53

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング