SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBM Security、AWSとの統合拡大を発表 クラウドセキュリティの強化など支援へ

 IBM Securityは、Amazon Web Services(以下、AWS)との統合拡大について発表した。「AWS Cloud Foundational Services」と「IBM Security QRadar Log Insights」および「IBM Security QRadar SIEM」を組み合わせることで、顧客がクラウドセキュリティを簡素化、強化できるよう支援するという。

 AWSビルトインパートナーソリューションの一部として、IBMは、AWSと協力して新たなAWSビルトインソリューションを開発。同ソリューションは、AWSの基盤サービスと自動的に統合し、導入体験を簡素化・合理化するという。また、自動的にインストール、設定、統合され、IBM Security QRadar Log Insightsを、AWSネイティブサービスに統合するとしている。

 ロールと権限は、AWS Identity and Access Management(IAM)Identity Center内でプログラムによって設定されるとのこと。同ソリューションにより、顧客に以下の価値を提供するという。

  • 検索ベースの調査を簡素化:AWSとハイブリッドクラウド環境全体のイベントを検索し、潜在的な悪意のある行動や誤設定を特定可能
  • セキュリティデータの可視化を強化:「Amazon GuardDuty」をIBM Security QRadar Log Insightsと連携させることで、他のクラウドやオンプレミスからデータソースを取り込むことが可能。データへのアクセスを集約して、脅威の検出、調査、対応を効率的に行える

 また、顧客がハイブリッドクラウドの可視化を進め、脅威の検知と対応を簡素化できるよう、IBM SecurityのQRadar Suiteは、「Amazon Security Lake」をサポート。IBM Security QRadar SIEMとIBM Security QRadar Log Insightsを活用することで、ハイブリッドクラウドの可視化を実現できるとしている。

 クラウドデータセキュリティの高度化に向けてIBMは、データセキュリティ製品であるGuardiumのポートフォリオを強化するために戦略的投資を実施。クラウドデータ領域を適切に保護・管理できるようにすることを目指すという。取り組み内容は以下のとおり。

  • Guardium InsightsのSaaS版をAWS Marketplaceで提供:Guardium Insightsにおいて、中小企業、大企業のニーズを満たせるように設計された3つの新しいSaaSエディションを提供。2023年第2四半期にAWS Marketplaceで利用可能になる予定
  • データセキュリティポスチャ管理(DSPM)でGuardiumを強化:IBMは、Polar Securityを買収。PolarのDSPM技術を、IBM Securityのデータセキュリティ製品であるGuardiumファミリーに統合する意向

【関連記事】
IBM Z and Cloud Modernization Stackに新機能が追加へ
日本IBM、SaaS型データ利活用プラットフォームを提供 金融機関のデータ分析など支援
SAPのソリューションに「IBM Watson」を組み込みへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17966 2023/06/27 16:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング