SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine イベント一覧

2024年3月「Security Online Day 2024 春の陣」開催予定

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

さくらインターネット西新宿データセンターに電子錠システム導入、TED長崎と共同開発

 東京エレクトロン デバイス長崎(以下、TED長崎)は、さくらインターネットの西新宿データセンターに、無人化の実現に向けてサーバラック・セキュリティシステム電子錠コントローラ「RMS-EL128」を導入したことを発表した。

 同データセンターにおいて、物理鍵を使用したサーバラックの運用は、鍵の貸し出し管理やスタッフの立ち合い、定期チェックなど、スタッフに負荷のかかるものとなっていた。

 さくらインターネットでは、これらの作業負荷の軽減、貸出・解錠・施錠確認などで起こり得るヒューマンエラーなどを未然に防止したいという課題解決のため、電子錠を用いて管理を電子化した運用を検討。しかし、既存の電子錠システムでは拡張性、可用性、セキュリティ面の不安があり、すべての課題解決が可能なモデルがなかったという。

 これらの課題を解決するため、TED長崎では、RMS-EL128をさくらインターネットと共同開発し、導入に至った。これにより、扉開閉におけるスタッフの立ち会いや鍵の貸出業務などの業務負荷が低減し、無人化が可能になったほか、データセンターを利用するユーザーのセキュリティ向上、制御パネル操作などの作業負荷を低減できるようになったとしている。

 また、クラウド上の管理システムで扉/電子錠の解錠・施錠の管理ができるようになり、データセンターの運用に合わせた鍵管理が可能になったという。

 TED長崎では今後、セキュリティ対策や環境監視を実現する電子錠システムやラックモニタリングシステム製品の提供、システム構築、設置工事までワンストップで対応することで、データセンターやマシンルームの安全で最適な運用を支援するとしている。

【関連記事】
さくらインターネット、コンテナイメージを保管する「コンテナレジストリ」を実験的サービスとして提供
さくらインターネット、ハイパーボックスと協業しトレンドマイクロの法人向け総合サーバーセキュリティを提供開始
さくらインターネット、コンテナ型仮想化技術「Docker」を利用した新ホスティングサービス「Arukas」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17977 2023/06/28 17:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月「Security Online Day 2024 春の陣」開催予定

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング