SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ServiceNow基盤とした脆弱性管理のサブスクサービス、SBテクノロジーが提供開始

 SBテクノロジー(以下、SBT)は、ユーザーのセキュリティ運用を支援する「MSS for 脆弱性管理(VRM)」を、2023年7月3日より提供開始すると発表した。

 同サービスはServiceNowを基盤に、ネットワーク上の資産の収集・可視化、および脆弱性スキャナであるTenable Vulnerability Managementにより、管理対象IT資産への脆弱性スキャンを定期的に実行。検出された脆弱性の一元管理を実現するサブスクリプションサービスだ。

 検出された脆弱性は、攻撃コードの公開有無、インターネット露出および資産の重要度などユーザー環境に応じたリスクレベルの評価が行われ、推奨される対応とあわせてユーザーに通知する。ユーザーは通知受信後、リスクスコアを参考に脆弱性の対応可否の判断や対応計画の策定が行えるという。これにより、危険度の高い脆弱性を優先的に考慮しながら、ユーザーの状況に応じた効率的な脆弱性管理が可能になるとのことだ。

クリックすると拡大します

 今回発表された「MSS for 脆弱性管理(VRM)」のサービス内容は大きく以下の通り。

  • 脆弱性検出機能:定期的な構成情報スキャンや脆弱性スキャン、脆弱性アイテム情報通知など
  • システム管理機能:ユーザー管理、構成アイテムおよび脆弱性アイテムの情報閲覧など
  • ヘルプデスク機能:問い合わせ受付、構成アイテム設定変更依頼受付、対象資産の追加/変更/削除
  • レポーティング機能:月次レポート出力
クリックすると拡大します

【関連記事】
SBテクノロジー、EDR需要増を受けて新サービス提供──メールを起点とした脅威動向を解説
SBテクノロジー、セキュリティ監視センターを2倍に拡張 2024年度までに150人規模を目指す
SBテクノロジーの顧問に澤円氏が就任

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17999 2023/07/03 16:22

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング