SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

キンドリルジャパンら、「次世代システム運用コンソーシアム」設立に向け準備室を開設へ

 キンドリルジャパンとIDホールディングスは、日本のITシステム運用における様々な課題の解決と価値提供を目的とした「次世代システム運用コンソーシアム」の設立に向けて、準備室を開設することに合意した。

 準備室では、具体的な活動内容の検討や組織・体制の構築、参加企業・団体の募集を進め、2023年10月1日のコンソーシアム発足を目指すという。コンソーシアム発足後1年間は、両社を含む数社で活動し、2024年度の一般社団法人化を目指すとのこと。法人化以降は、IT企業やユーザー企業の参加を募り、活動規模を拡大するとしている。

 次世代システム運用コンソーシアムでは、IT企業とユーザー企業が、システム運用の高度化や自動化の推進、それを支える人材の育成に貢献する活動を行う。活動には以下の内容が含まれるという。

  • システム運用における最先端技術(AIやVRデバイス、メタバースなど)の実用化の研究
  • DevOpsやNoOpsなどの事例紹介、情報交換、勉強会、講演会
  • 認知度向上に向けた上記活動の広告、宣伝

 この活動により、直近の課題である複雑化したシステム運用への対応、運用コストの削減、IT技術者不足の解消を目指すとのこと。同時に、開発と運用の融合やAIを活用した運用の自動化、人材のスキル育成や働き方改革を推進し、人材不足などの社会課題の解決に取り組むとしている。

次世代システム運用コンソーシアムイメージ<br/>[画像クリックで拡大表示]
次世代システム運用コンソーシアムイメージ
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
キンドリルジャパン、事業開始から1年を迎え堅調な成長 新ソリューションの提供も開始
キンドリルジャパンとサイファーマが協業 脅威インテリジェンスプラットフォーム「DeCYFIR」を活用
キンドリルジャパンが「株式会社」に組織変更を完了

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18050 2023/07/10 16:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング