SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

国内企業の半数以上がCSIRTを設置も、うち6割超がインシデントに対応に自信なし──ガートナーが発表

 ガートナージャパン(以下、Gartner)は、インシデント・レスポンスの強化に向けて企業が押さえておくべき重要事項を発表した。

 Gartnerが2023年2月に日本国内の従業員300人以上の組織を対象に実施したユーザー調査によると、56%の企業がCSIRTを設置していると回答。しかしそのうち67%が、迅速なインシデント対応を実施することに「自信がない」と回答している。

CSIRTの設置状況とインシデント発生時のレスポンスへの自信について(画像クリックで拡大)
CSIRTの設置状況とインシデント発生時のレスポンスへの自信について(画像クリックで拡大)

 同社シニアディレクターアナリストの矢野薫氏は、1つのインシデントがサプライチェーン全体や社会に与える広い影響を踏まえ、「企業はインシデント・レスポンスが後手に回ってしまわないよう素早く対処する必要があります。特に重要なのは、インシデントを早く探し出し、早く閉じ込め、早く元に戻すことです」と警鐘を鳴らす。

 国内企業の多くが外部のSOCサービスを積極的に活用しているものの、こうしたサービスでカバーされるのはインシデント「検知」のフェーズであることが多く、実際に外部の支援が必要なインシデントへの対応と復旧のフェーズは、思うようにカバーされないという。

 矢野氏はこうした現状を踏まえ、大規模なサプライチェーンの一部を構成している企業、あるいはクリティカルな社会基盤を提供しているような企業の場合は、身近にある従来型サービスに固執せず、対応と復旧のフェーズにおける支援内容が具体的にコミットされているサービスを検討するべきとしている。

【関連記事】
80%以上の日本企業がソフトウェア・クラウド契約に不満──ガートナー調査
SASE関連サービスを導入する国内企業は4割程度──ガートナーが調査結果を発表
クリエイター的エンジニアの確保が必要か──ガートナーがテクノロジー人材に関する展望を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18110 2023/07/20 18:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング