SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

RubrikとMicrosoft、生成AIでインシデント対応の迅速化を図るソリューションを発表

 Rubrikは、「Rubrik Security Cloud」を「Microsoft Sentinel」および「Azure OpenAI Service」と統合する共同コラボレーションを発表した。今回の統合は、生成AIと自然言語処理を通してサイバーリカバリーの迅速化を図ることが目的だという。

 Rubrikは時系列データの洞察を直接Microsoft Sentinelに提供できるため、企業はサイバー脅威から自社の機密情報を保護できるとしている。今回の統合により同プラットフォームは、OpenAIを通じて大規模な言語モデルと生成AIを活用し、Rubrikによって作成されたMicrosoft Sentinelの推奨タスクのワークストリームを自動生成することが可能だという。なお、今回の発表は2022年10月に発表されたRubrikとMicrosoft Sentinelとの統合に続くものとなっている。

 今回の統合によるメリットは以下の通り。

  • インシデント作成の合理化:Rubrik Security Cloud内のアクティビティに基づき、Microsoft Sentinel内でインシデントを自動作成することで、インシデント対応チームのアラートの優先順位付けを支援
  • 推奨タスクのワークストリームを自動化:インシデント対応タスクの提案により、ITおよびセキュリティチームはインシデント調査を迅速化しつつ、法的に有効な証拠保全に対応できるという
  • サイバー攻撃からの復旧の迅速化:Microsoft Sentinelでのインシデント調査のためにコードを動的に生成することにより、ITおよびセキュリティチームは迅速に対応し、ビジネスの回復力を維持

【関連記事】
Rubrik、「Rubrik Security Cloud」でサイバーリスクを軽減する機能を提供
NEC、ストレージシステムのランサムウェア対策に「Rubrik Security Cloud」を採用
S&JとRubrik、ゼロトラストに基づくデータ保護ソリューションの戦略的パートナーシップを締結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18123 2023/07/24 18:19

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング