SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「レジリエンス」構築のためのポイントなど公表──PwC調査レポートの日本語版

 PwC Japanグループは、日本を含む世界の企業・団体などのリーダー層約2,000人へのアンケート調査に基づくレポート「レジリエンス革命の到来 グローバル・クライシス・レジリエンス・サーベイ2023」の日本語版を公表した。世界の企業が様々な経営課題に直面する中、「レジリエンス」をテーマに、変化に適応して成長を実現するために必要な対策や課題を考察したという。なお、同レポートはPwCが4月6日に発表している。

 同サーベイは2019年に開始し、今回で3回目。今回の調査では、91%が「少なくとも一回はパンデミック(新型コロナウイルス禍)以外の混乱を経験した」と回答し、76%が「最も深刻な危機が業務に中程度以上の影響を及ぼした」と回答した。2019年の調査では、「過去5年間に混乱を経験した」との回答は69%だったという。ビジネス環境の変化がより速く、より大きくなっていることを示唆しているとした。

 また、レジリエンスの構築を「最も重要な戦略的優先事項の1つ」とした回答は89%に達した。一方、社内横断的な取り組みに移行しているのは全体の約3分の2で、そのうち「少なくとも5年以上取り組んでいる」とした回答は61%にとどまったとのこと。レジリエンスが重要との認識は高まっている半面、グループ内できちんと実行できていない現実が浮かび上がったとしている。

 PwC Japanグループは今後、日本企業の調査結果に焦点をあてた日本分析版の公表も予定しているという。

【関連記事】
日立ソリューションズがサイバーレジリエンス事業を立ち上げ 「現状分析サービス」を提供開始
キンドリルとデル・テクノロジーズ、サイバーレジリエンスソリューションを発表
金融機関のサイバーレジリエンスが向上、攻撃の80%以上を阻止――アクセンチュア最新調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18133 2023/07/25 16:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング