SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

AI inside、AIエージェント「Heylix」を発表 生成AI活用を促進するマーケット構築へ

 AI insideは、AIエージェント「Heylix」を8月3日より招待制のクローズドβ版にて提供を開始すると発表した。

AI inside 代表取締役社長CEO 渡久地択氏

 今回発表した新サービスは、業界・業種を問わずあらゆる業務を汎用的に支援するAIエージェントだという。ユーザーはHeylixに指示を出すだけで、同サービスがマルチモーダルかつ自律的にタスクをこなしてくれる“Buddy(バディ)”を生成し、ユーザーは“Buddy”の支援により、高度なDXを実現することができるとしている。

 同社はHeylixの主な特徴として以下を挙げている。

  1. 簡単に操作できるUI/UX:ユーザーは、テキスト、画像、数値など様々な形式のデータをそのままアップロードし、テキストで指示を出すことで利用できるという
  2. Buddyのユーザー間シェア:Heylixが生成したBuddyはユーザー間でシェアできるため、ネットワーク効果が働き、Buddyの数が増えるほどにユーザーが享受できる恩恵も高まるとしている
  3. 外部システムとの連携:Heylixから外部システムのAPIを自然言語で呼び出すことができ、APIが公開されているソフトウェアをHeylixのユーザーインターフェースで利用できる。それらソフトウェアの機能をバックグラウンドで生成AI・予測AI・画像認識AIと複合処理させた、高度なBuddyの生成もできるとしている。また、作成したBuddyを外部システムに組み込んで利用することも可能
クリックすると拡大します

 同サービスは既に一部の既存顧客へ先行提供しており、300を超えるBuddyのアイデアが生まれているという。まずは金融・保険・製造・流通・自治体などの業界を中心にクローズドβ版を提供。エンタープライズサーチを生成する機能などを追加したうえで、2023年中に正式版の提供を開始する計画だとしている。正式提供後は、Buddyをシェアし合えるマーケットプレイスも構築するという。

 また同社は、今期中にBuddyを作成・共有してくれるユーザーを1,000人以上創出し、AI insideのプラットフォームから生まれ利用されるAIの数を、現在の10倍以上に増加させることを目指すとしている。既にユーザーやISVパートナー(独立系ソフトウェアベンダ)との連携を推進するとともに、生成AI・LLMの伴走型リスキリングプログラムにて、ユーザー育成の特別講座も開始しているとのことだ。

【関連記事】
AI insideと鹿島建設、AIとドローン活用した「資機材管理システム」開発 建設現場の高度化へ
AI inside、リスキリングプログラム提供 1万件以上の生成AI・LLMのユースケース創出へ
AI insideが2259万トークン処理に成功、日本語LLM「PolySphere-1」開発で

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18195 2023/08/03 15:03

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング