SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

AWSジャパン、北九州市と連携協定を締結 “バックアップ首都構想”実現に向けた支援も

 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(以下、AWSジャパン)は、地域創生に向けた自治体におけるDXの加速を支援するため、8月17日に北九州市と連携協定を締結したと発表した。

(左から)AWSジャパン 執行役員 パブリックセクター統括本部長 宇佐見潮氏、北九州市 市長 武内和久氏

 同社は北九州市の地域の特色や強みを活かしながら、地域課題を解決するためのDXの推進に向けて、以下の4つの項目において支援するとしている。

  1. “バックアップ首都構想”実現に向けた支援:“バックアップ首都構想”に基づく企業誘致のため、AWSジャパンは在北九州市の企業と連携し、ハンズオンセッションを実施するなど地域の企業にクラウドスキルトレーニングを提供
  2. 行政や地域のDX促進に向けた支援:AWSのパートナー企業が実施するクラウド人材育成プログラムを市の職員に提供し、職員のデジタルスキルの向上をサポートする
  3. スタートアップ育成に向けた支援:AWSは、日本のスタートアップを支援してきた実績を活かし、北九州市との連携においてもそのノウハウを共有
  4. 宇宙産業の推進に向けた支援:今後、AWSの宇宙産業に関する知見や企業間のネットワークを北九州市と共有することで、市の宇宙産業推進のステージに合わせた連携を図るとしている

【関連記事】
AWS、鶴見酒造を招きSMB向けの事業戦略発表 「ITX Lite」など5つのポイントを提示
AWS、宇宙ビジネスにおけるクラウドに自信 ワープスペースなど日本発スタートアップでも活用進む
AWSジャパン「AWS LLM開発支援プログラム」を開始 4つの支援で国内開発をサポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18245 2023/08/18 15:54

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング