SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

住信SBIネット銀行、AWSマルチリージョン化でシステムの可用性向上を実現

 住信SBIネット銀行は、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のアジアパシフィック(東京)リージョン(以下、東京リージョン)およびアジアパシフィック(大阪)リージョン(以下、大阪リージョン)を活用したマルチリージョンによる冗長化を実施し、インターネットバンキングシステムの可用性の向上を実現した。

 両社技術により、データの完全性を確保したまま東京リージョンと大阪リージョン間のマルチリージョン化を行い、システムを障害で停止させることなく稼働し続けられる能力を高める取り組みを実施。リージョン間でインターネットバンキングを提供する環境を切り替えることが可能となり、セキュアで安定したサービス提供の継続性向上が見込まれるという。

 今回のマルチリージョン化では、バックアップデータの目標復旧時点(RPO:Recovery Point Objective)を0秒として実現。メインサイトの東京リージョンで提供しているサービスに障害や停止を検知すると、「Amazon EventBridge」や「AWS Lambda」を用いたアクションの自動化で、切り替えを行う。「Amazon Aurora Global Database」により、データの完全性を確保しつつ、大阪リージョンのシステムが稼働し、インターネットバンキングサービスの提供が行われるとしている。

マルチリージョン化の概要
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
みんなの銀行、フルクラウドバンキングシステムに「Prisma Cloud」を活用
フューチャーアーキテクトの「次世代バンキングシステム」を福島銀行に導入
日本ユニシスとマイクロソフト、パブリッククラウドでのフルバンキングシステム稼働に向けた共同プロジェクトを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18342 2023/09/04 16:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング