SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Arcserve Japanの事業戦略「より高解像度なプロファイル」が鍵に──公家氏が示す“経験知”

 2023年9月6日、Arcserve Japanは事業戦略説明会を開催した。

 ランサムウェアが世界中で猛威を振るう中、名古屋港や小島プレス工業における被害に触れると「クラウドを中心にソフトウェアからハードウェアにわたるまで、“イミュータブル”という特長を持ちながら対策しつつTCOも抑えることができる」とArcserve ワールドワイドセールス エグゼクティブ・バイスプレジデント マーケティングを務めるヴィタリ・エドレンキン氏が紹介する。

 具体的には、データレジリエンスプラットフォームの構成要素として「Arcserve UDP」「Arcserve Appliances」「Arcserve UDP Cloud Hybrid」「Arcserve OneXafe」の4つを挙げると、その中でもイミュータブルなスナップショットなどを取得・保存するためのバックアップ用ストレージ「Arcserve OneXafe」が特徴的だと言及。日本市場向けのデータレジリエンスを強化していきたいとして、2023年8月にArcserve Japan 職務執行者社長に就任した公家尊裕氏へと水を向けた。

arcserve Japan 職務執行者社長 公家尊裕氏
Arcserve Japan 職務執行者社長 公家尊裕氏

 公家氏は、これまで15社のカントリーマネージャー経験を有している人物であり、「これまで入社してきた会社は買収され続けてきた」と笑みをこぼしながら略歴を説明する。マーケティングテックやグリーンテック、AI、セキュリティなど多岐にわたる業種業界・事業に従事してきたとして、その経験を生かした「HIGH SPEED, HIGH RESOLUTION」というArcserve Japanの事業戦略を打ち立てたという。

 SMBとEnterpriseに大別した上で、大きく業種業界別に提案していくような一般的なやり方では粒度が粗いとして、「Arcserve Japan ICP(理想的な顧客プロファイル)」と題した下図を提示した。実際には、図中よりも細かく従業員数別にセグメントしているとして「これまでの経験上、上位30社の社名は変わらないが、売り先の部門は異なる。SaaSの利用が拡大している状況下では、より細かな視点でバックアップを必要とするニーズも見えてくる」と公家氏。高解像(HIGH RESOLUTION)な顧客プロファイリングに基づくことで、より迅速な打ち手(HIGH SPEED)を講じられるという。

[画像クリックで拡大]

 また、市場シェアにおいては金額ベースではなく、顧客数ベースで見ていくことが重要だとして「国内に10万社以上の顧客を抱えている」と同社のカバレッジの大きさを強調する。日本法人においては、70名以上の従業員を抱えており市場拡大、サポート拡充の体制が既に整っているとして「今年も前年比30%の成長を予定している」と公家氏は話す。

 今後、日本においてもランサムウェアによる被害は増大していくという見方があり、業務オペレーションを止めないためにも「Arcserve OneXafe」の展開に注力していくとした。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

1993年福岡県生まれ。京都外国語大学イタリア語学科卒業。ニュースサイトの編集、システム開発、ライターなどを経験し、2020年株式会社翔泳社に入社。ITリーダー向け専門メディア『EnterpriseZine』の編集・企画・運営に携わる。2023年4月、EnterpriseZine編集長就任。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18356 2023/09/06 22:16

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング