SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ServiceNow、生成AI搭載したNow Platform最新版「Vancouver」を発表

 ServiceNowは、Now Platformの最新版「Vancouver」のリリースを発表した。

 Vancouverは、生成AIソリューションを含む自動化テクノロジーをNow Platformに統合し、コスト効率化を推進できるよう支援するという。

同社 常務執行役員 ソリューション統括 原智宏氏(左)、
同社 マーケティング本部 プロダクトマーケティング部 部長 古谷隆一氏(右)

 また、同社はThird-Party Risk Management機能を拡大。これにより、単一の情報源を基にサードパーティアプリケーションのリスクを可視化でき、リスク管理に対する包括的な対策を提供するという。

 今回のリリースの一部として、同社はSource to Pay Operationsの機能強化版である「Accounts Payable Operations(APO)」を提供開始する。買掛金支払いプロセスを自動化することで、請求書の受領、照合、支払プロセスをデジタル化するとしている。

 加えて、「Employee Growth and Development(EGD)」も提供。AIを活用して従業員のスキルデータを収集、検証、および継続的に更新することで、従業員の能力に関する可視性と洞察力を高めるとしている。

 さらに、Vancouverリリースの一環として、ITSM、CSM、HRSD、Creator向けの「Now Assist」も発表。Now Platform上のすべてのワークフローに生成AIを組み込み、顧客のビジネス機能における生産性向上を支援するという。

 Now Assistのラインアップは以下の通り。

  • Now Assist for ITSM:企業におけるITのリーダー層がエージェントの生産性と従業員体験を向上させるためのサポートを行い、問題解決を支援
  • Now Assist for CSM:カスタマーサービスのプロセスを効率化し、生産性向上と潜在的なコストの削減および顧客体験の向上を支援
  • Now Assist for HRSD:人事担当者が手作業に依存しているタスクを削減し、従業員に必要な回答を提供
  • Now Assist for Creator:開発チームがNow Platform上でアプリケーションを開発および拡張できるよう支援。ServiceNowの技術者が書いたコードでトレーニングされており、自然言語テキストをコードに変換するtext-to-codeの一般提供が含まれている

【関連記事】
ServiceNow Japan、藤沢市とDX推進に向け連携 デジタル人材育成など実施へ
ServiceNowがシンガポールにイノベーションセンター開設、現地人材のデジタルスキルアップ目指す
ServiceNow、NVIDIA、アクセンチュア、生成AI開発・導入を支援するプログラム発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18527 2023/10/04 17:46

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング