SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Smartsheet、日本初の社長執行役員に嘉規邦伸氏が就任──アジア太平洋地域のプレゼンス強化へ

 Smartsheetは、日本に置く初めての社長執行役員に嘉規邦伸氏を任命した。嘉規氏の就任により、同社はアジア太平洋地域のプレゼンスを強化すると発表。嘉規氏は、これまでの知識と経験を活かしてSmartsheetの日本チームをけん引し、顧客やパートナーと連携しながら複雑化するワークロードを管理する最適な方法の普及に努めるとしている。

Smartsheet 社長執行役員 嘉規邦伸氏

 嘉規氏は、IT業界の営業やチャネルビジネスの分野で25年以上の経験を持ち、Smartsheet入社前はIllumioにて日本のカントリーマネージャーに従事。それ以前はAcronis、Box、F5 Networks、McAfee、Ericssonなどで日本市場向けの営業やチャネルのチームを率いてきた経験を持つ。

Smartsheet 社長執行役員 嘉規邦伸氏のコメント
 Smartsheetが今年4月に国内のプロジェクト管理プラットフォーム利用者1,000人を対象に実施した調査では、新型コロナウイルスの感染拡大前に比べて、プロジェクトが『複雑になった/増えた』という回答が45.8%にのぼりました。社会情勢や市場環境の変化などで仕事が複雑化かつ増加する傾向にあるなか、企業はこれまで以上に質が高く、効率的に業務を進めることが求められています。Smartsheetは企業のプロジェクトやビジネスの成功を支えるために存在しており、こうした時代にSmartsheetを通じて皆様の仕事をサポートできることを誇りに思います。

【関連記事】
Box、「Microsoft 365 Copilot」との連携でAI活用を加速 機能強化も発表
BoxがChatGPTのAPIを統合した「Box AI」を発表
トヨタ紡織、2018年からBoxの利用を開始 ファイルサーバーにあったコンテンツを集約

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18584 2023/10/13 19:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング