SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CTCテクノロジー、Azure OpenAI Serviceを活用したアプリ開発教育コースを提供

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のグループ会社であるCTCテクノロジーは、マイクロソフトの生成AIサービス「Azure OpenAI Service」を活用したアプリケーション開発の教育コースを提供すると発表した。

 同コースはマイクロソフトの認定コースに準拠しており、生成AIに関する基礎知識と、Azure OpenAI Serviceを利用したアプリケーション開発を1日で学べるエンジニア向けのもの。受講者は、基礎知識としてAIや機械学習、生成AIに関する概要、OpenAIの自然言語処理などに加え、情報漏洩や権利侵害のリスクなど利用上の注意点を学ぶ。その後、Azure OpenAI Serviceでの生成AIモデルの選択やコードの生成、アプリケーションへの組み込み方法、プロンプトエンジニアリングなどの実践的な内容を講義形式で学習するとのことだ。

 またCTCでは、生成AIの企業内での利用に特化した環境構築サービスも提供しており、CTCグループとして企業の生成AI活用をトータルで支援していくという。

【関連記事】
CTCテクノロジー、企業のデジタル人材育成を支援する「DX基礎力診断サービス」提供
CTCテクノロジー、ハイブリッド環境の一元監視サービス「マルチプラットフォームモニタリング」を提供開始
CTCテクノロジー、ビッグデータ分析でシステム障害や遅延の予兆を検知する監視サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18817 2023/11/22 15:31

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング