SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

大和証券のグローバルマーケット部門向け受発注分析基盤をOCIで刷新 2023年11月から利用開始

 日本オラクルは、大和総研がグループ企業である大和証券のグローバルマーケット部門向け受発注分析基盤を「Oracle Autonomous Data Warehouse」で刷新したことを発表した。

 「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」で提供されるOracle Autonomous Data Warehouseは、データやユーザーの増加に対応し、多様な分析ツールの利用や自由度の高い分析などユーザーの利便性向上を目指すもの。

 大和総研では、大和証券グループにおけるクラウド活用を推進しており、OCIを含むパブリック・クラウドを、業務の特性に応じて組み合わせて利用するマルチクラウドを実現するために「マルチクラウド共通基盤」を構築・運用しているという。その一環として、大和証券のグローバルマーケット部門向け受発注システム基盤更改に際し、分析用データウェアハウス基盤をクラウド上で刷新し、システムの最適化を企図したとのことだ。このデータウェアハウス基盤は、機関投資家の受発注データ、証券取引所からの時価情報などと組み合わせることで株価予測に活用されている。

 同社は、日本オラクルのコンサルティング部門と協力し、2023年11月に「Oracle Autonomous Data Warehouse」を活用した分析用データウェアハウス基盤の構築、移行を完了させ、利用を開始しているという。新しい基盤では、既存の分析ツールを利用できることから、データウェアハウス変更にともなうツールの移行コストや利用方法のトレーニングも不要。ユーザーはシステム変更を意識することなく、処理性能を享受できるとしている。また、ストレージ容量を段階的に増加させながら、自動スケーリングを活用し利用していない時間はリソースを縮退させることで、コスト最適化も図れるという。

【関連記事】
日本オラクル、11月1日より期間限定で日本国内ユーザー向け無償資格取得プログラム提供
オラクルがデータ、分析、AI機能を備えた新たなプラットフォームを発表
Red Hatとオラクルが協業拡大、Red Hat OpenShiftがOCI上で実行可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18914 2023/12/11 17:55

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング