SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

第一三共、社内6,000人が活用する営業支援システム基盤をOCIで刷新

 日本オラクルは2月6日、第一三共が、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」を導入したとを発表した。社内6,000人が活用する営業支援システム基盤を「Oracle Exadata Database Service」と「Oracle Cloud VMware Solution」で刷新し、運用コストを低減しながら最大35%の性能向上を実現しているという。

 営業支援システムは、医薬品卸から医療機関への医薬品納入実績を管理するシステムを中心に16のシステムで構成。これまで「Oracle Exadata」とVMwareの仮想サーバー約80台で運用していたという。システム刷新では、タイムリーなデータ処理と提供を可能にし、月末月初処理の高負荷に対応することが必須だったとしている。

 第一三共は、日立医薬情報ソリューションズと日本オラクルのコンサルティング部門の支援のもと、2022年8月から設計を開始。インフラ環境の構築、データベースのバージョンアップ、データベースおよびアプリケーションの移行、検証などの工程を経て、2023年8月にOCIへ切り替えを完了した。また「Oracle Real Application Testing(RAT)」を活用したSQLとデータベースの性能テストなどにより、移行リスクを最小化し、期間内での移行を実現したという。

 OCIへの移行後は、最も時間を要する月末月初の処理時間は約35%短縮化され、システム運用者の待機時間も削減。システム刷新にあたり、最も重要な性能要件となっていた夜間バッチ処理も翌朝までに終了する性能で、ユーザーが常に最新の情報を活用できるという。またコスト面でも、3年で1億円のTCO削減を見込んでいるとした。

【関連記事】
サンドラッグ、全国1,400店舗の運営および業務を担うストア・コンピューターをOCIに移行へ
オラクル、「OCI Generative AI」サービスを新たに提供開始
「JRAアプリ」認証サービスにOCI採用、ユーザーの利便性向上など実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19179 2024/02/07 12:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング