SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

インボイス制度で一番苦労していること、第1位は……【インフォマート調査】

 インフォマートは、「BtoBプラットフォーム」のユーザーを対象に「インボイス制度・電子帳簿保存法に関する実態調査」を実施した。

インボイス制度への対応で、6割以上が請求書関連業務の「負担が増えたと感じる」

 2023年10月に開始されたインボイス制度対応において、請求書関連の業務負担が増えたか聞いたところ(n=421)、「とても感じる」「やや感じる」が64.4%という結果になり、多くの企業で負担が増えているという。また、担当者別で見てみると、経理・財務担当者においては「とても感じる」「やや感じる」が82.4%、経理・財務担当者以外は「とても感じる」「やや感じる」が59.8%となり、特に経理・財務担当者の負担が増えていることがわかったとしている。

[画像クリックで拡大]

インボイス制度で一番苦労していること、第1位は「発行する適格請求書の記載要件チェック」

 インボイス制度開始後、一番苦労していることについて聞いてみると(n=518)、第1位は「発行する適格請求書の記載要件チェック(20.1%)」、第2位は「適格請求書発行事業者と免税事業者等の管理(16.8%)」、第3位は「取引先ごとの消費税額と消費税区分のチェック(14.5%)」となった。

[画像クリックで拡大]

7割以上が電子帳簿保存法対応で経理業務の負担が「増えると思う」と回答 「紙と電子の混在」に懸念

 電子帳簿保存法の対応による経理業務の負担について聞いたところ(n=518)、「かなり増えると思う」が32.4%、「少し増えると思う」が38.6%となり、7割以上が業務負担の増加を見込んでいることがわかったという。電子帳簿保存法への対応にあたり、要件に対応した業務フローの変更やシステムの導入が必要になるため、インボイス制度同様に業務負担の増加が考えられるとしている。

[画像クリックで拡大]

 また、大変だと感じることについて聞くと(n=518)、第1位に「紙と電子の混在(70.3%)」が挙がったことから、紙と電子が混在することでさらなる業務負担の増加が懸念されるという。

[画像クリックで拡大]

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19181 2024/02/07 19:44

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング