SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アクセンチュアとオラクル、生成AIへの新たな投資を発表 第1弾は経理・財務ソリューション提供へ

 アクセンチュアとオラクルは米国時間5月6日、エコシステム・パートナーシップに基づき、生成AIを活用した新たなソリューション・ツール・トレーニングへの投資を発表した。

 両社は、様々な業種の顧客が生成AIを活用してビジネスを刷新し、実証的導入から本導入へと移行できるようサポートを提供するという。「Oracle Cloud Infrastructure (OCI) Generative AI」を活用し、顧客データの機密性と安全性を確保しながら、効率性の向上、回復性(レジリエンス)の改善、顧客体験および従業員体験の向上を支援するとしている。

 まずは、経理・財務部門におけるデジタル変革の推進に焦点を置くという。新しい生成AIを搭載したOCIソリューションは、経理・財務チームにリアルタイムのデータ分析などを提供するとのことだ。また、生成AIを活用して最高財務責任者(CFO)の業務を迅速化し、経理・財務プロセス、会計決算、ファイリング、プランニングを簡素化。次のようなソリューションとユースケースを提供予定だという。

  • 調達(プロキュアメント)支出分析:顧客固有のデータと生成AIおよび機械学習(ML)アルゴリズムを活用することで、調達チームはビジネスインサイトに基づいたデータ中心の意思決定を行える。また生成AIエージェントを活用することで、チームは企業全体のコスト削減につながる戦略的機会を特定できる
  • 財務計画と分析のための需要予測:生成AIとMLを活用することで、企業は差異・要因・影響に関する情報を得ることが可能
  • 動的なシナリオプランニング:経理・財務チームは、生成AI、過去およびリアルタイムのデータを用いた分析、キュレーションされたナレッジベースを通じて、様々な財務シナリオを検討。what-if分析を実行し、アクションの影響を特定できる

 財務ソリューションは、アクセンチュアのスイッチボードを活用することで、顧客がコストや正確性などの要素を考慮しながら、基礎モデルの組み合わせを選択できるよう支援するとしている。両社はまた、ヘルスケアや公共サービスの分野でも、業界に特化した生成AIソリューションの開発に取り組んでいるとのことだ。

 このパートナーシップの一環として、アクセンチュアは自社の従業員に対して「OCI Generative AI Service」のトレーニングを実施している。今後は即戦力となる人材を育成し、OCIによる変革を加速させるために、アクセンチュアのAIアカデミーの受講者に対してオラクルに特化したトレーニング・プログラムを提供する予定だとしている。

【関連記事】
アクセンチュア、福島県で5市協力のもと都市OSを新たに稼働 スマートシティ実現に向け加速
アクセンチュア、群馬県発のIT企業クライムを買収 レガシーシステム脱却支援の強化や地元ICT産業の活性化へ
アクセンチュアとアドビ、「Adobe Firefly」活用した業界特化型AIソリューションを開発へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19695 2024/05/17 11:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング