SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

米国インフォマティカ社、企業向けデータ統合ソフトウェアの最新版「Informatica 9」発表

 2009年11月10日、米国インフォマティカ社は企業向けデータ統合ソフトウェアの最新版「Informatica 9」を発表した。インフォマティカ・ジャパンが16日発表した。

 Informaticaは、企業のデータガバナンスを統合的に管理するための一連のソフトウェアのブランド。「可用性(=必要なときに必要なデータにアクセスできること)」「一貫性(=企業内のデータが一貫した整合性をもっていること)」「監査性(=データが適切な方法で管理されていること)」など、企業が組織的にデータを資産として管理する際に求められる各種の要件を実現するための手段を提供する。

 最新版は、「エンタープライズデータ統合」「データ品質管理」「B2Bデータ交換」「アプリケーション情報ライフサイクル管理」「複雑なイベント処理(Complex EventProcessing-Cep)」「クラウドコンピューティング」という6つのカテゴリーを網羅する製品群で構成される。各製品は相互に連携できるものの、全体としてはオープンな設計となっており、従来型の企業内システムと、クラウド環境を利用したシステムのいずれにも適用できるとしている。

 Informatica 9のリリースは、米国は2009年第4四半期、日本では2010年中旬をそれぞれ予定している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1994 2009/11/18 10:44

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング