SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

経済産業省とIPA、「DX推進スキル標準」を改訂 生成AIに関するスキル標準を追加

 経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は、企業・組織のDX推進を人材のスキル面から支援する目的で2022年12月に公開した「デジタルスキル標準(DSS)」のうち、「DX推進スキル標準」に生成AIに関する改訂などを行い、バージョン1.2として公開した。

 両者は、生成AIの急速な普及を踏まえ、「DX推進スキル標準」について生成AI関連の補記や共通スキルリスト内の学習項目例を追加、変更するなどの改訂を行った。同改訂では、生成AIの特性をはじめとした以下の補記を行ったほか、共通スキルリスト内の学習項目例を追加・変更したという。

  1. 生成AIの特性
  2. 生成AIを含む新技術への向き合い方・行動の起こし方
  3. 生成AIに対するアクション:基本的な考え方
  4. 生成AIに対するアクション:詳細定義
  5. 個人として業務において生成AIを活用する例
  6. (ビジネス・業務プロセスの)生成AI製品・サービスを開発、提供する際の行動例

 補記では、生成AIの特性や、生成AIを含む新技術への向き合い方・行動の起こし方を各1ページで説明。生成AIを「活用する」場合と、生成AIを組み込んだ製品・サービスを「開発する、提供する」場合の観点から、必要なプロセス、留意点、行動例を紹介している。

生成AIに関するDX推進スキル標準の改訂要旨[画像クリックで拡大]

生成AIに関するDX推進スキル標準の改訂要旨

[画像クリックで拡大]

 特に、「開発する・提供する」場合では5つのプロセスを定義し、各プロセスにおいて「DX推進スキル標準」で定義済みの5つの人材類型(ビジネスアーキテクト、デザイナー、データサイエンティスト、ソフトウェアエンジニア、サイバーセキュリティ)における主要な行動例を示し、人材類型同士の連携と柔軟な対応が重要になるとしている。また、共通スキルリストでは、「データ活用」「テクノロジー」のスキルカテゴリーの学習項目例として生成AI関連の文言を追加・変更したという。

生成AI製品・サービスを開発、提供する際の行動例[画像クリックで拡大]

生成AI製品・サービスを開発、提供する際の行動例

[画像クリックで拡大]

 なお、今回の改訂ではこの他に、5つの人材類型の1つである「ビジネスアーキテクト」に類似する職種である「プロダクトマネージャー」について定義し、ビジネスアーキテクトに関する補記として3月に先行して公開した内容も正式に追加したとしている。

【関連記事】
SAPジャパン、サプライチェーンや人材管理の新たな支援を発表 サプライチェーンデータとビジネスAIを組み合わせ
米国ヘルスケア業界のサイバーセキュリティ評価は「B+」 サードパーティによる情報漏洩被害が最多
IPAがAI利用時の脅威・リスクを調査 生成AI利用時のセキュリティ関連規則、策定済み企業は20%未満

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/20020 2024/07/09 18:07

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング