SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

正社員のストレス要因1位は「人間関係」、30代前半が深刻―職場のメンタルへルス調査

 マネジメントベースは、今春行った日本の企業・法人に勤める正社員5,049名のアンケートから、「メンタルヘルス(心の健康・ストレス)」に関する設問分野の分析結果を発表した。

 発表された資料によると、抑うつ、不安、脱力感といったストレス反応をこの1週間に「しばしば」以上の頻度で感じている「強いストレス状態にある」正社員の割合は全体の15.6%に達しており、年齢別では、20~30歳代前半で特に強いストレス状態にある割合が高いという。中でも「30歳代前半」の人たちが、より深刻なストレス状態にある割合が最も高かった。

 ストレスの原因となる要因として最も影響が強いのは「職場の人間関係」。続いて、目標や責任が重く、能力を発揮できていない等の「仕事の質」や「会社の将来性」、「仕事の量」に該当する項目が挙がった。最も影響の強い原因としてあげられた「職場の人間関係」について「悩んでいる(=悩むことが少なくない)」と回答した人のうち、約40%が強いストレス状況にあるという。

 ストレス反応得点と「従業員満足度」、「離職意向」の関係を調べると、有意に高い相関関係が認められるという。同社は、ストレス要因としてここで抽出された項目に関して、職場や会社が適切な状態になるようマネジメントを行い、従業員のメンタルヘルスに配慮することは、従業員満足度の向上や離職率低下を図るうえで重要だと指摘している。

プレスリリース:「【調査】職場のメンタルヘルスに関する正社員5,000名の意識調査結果を公表」
メンタルヘルス・職場のストレス診断調査結果

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

井浦 薫(編集部)(イウラ カオル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/215 2007/10/30 12:56

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング