SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本ユニシス、重要情報を3つのセキュリティ機能で守る「SecureTrunk」を提供開始

ユーザー認証強化、アクセス制御、データ暗号化を1つの製品で実現

「SecureTrunk」は、企業内で共有するファイルサーバー上のファイルに対して、認証強化、アクセス制御、データの暗号化の3つのセキュリティ対策を一度に実現することで、情報漏えいを防ぐという。この3つのセキュリティ対策は、従来、個別に導入するというケースが多く見られ、その場合、動作検証の負荷やサポートの分散といった課題があったという。この製品では、これら3つの対策をパッケージングすることによりシステム管理負荷を削減し、個別に導入・構築するよりも低価格での提供を実現したとしている。

発表によると、「SecureTrunk」の特徴は次の通り。

・専用USBキーによるユーザー認証
 クライアントPCに、ユーザーごとに配布した専用USBキーを挿入してパスワード入力することで、本人認証を実施。

・利用ユーザー別のアクセス制御
 「SecureTrunk」が管理するフォルダは、ユーザー別、組織別にアクセス権限を設定可能。また、専用のファイル管理ツールには、アクセス可能なフォルダのみ表示される。

・データの自動暗号化
専用ファイル管理ソフトで表示されるフォルダに暗号化したいファイルを入れるだけで、自動的にデータを暗号化。

上記のほか、「SecureTrunk」が管理するフォルダ内のファイルに対して、ユーザーが、いつ、どんな操作を行ったかを知ることができるアクセスログ採取/閲覧機能や、利用者の人事異動時に、アクセス権限の設定の一括変更ができる設定変更機能などの機能でシステム管理者の負担を削減するという。

■「SecureTrunk」のWebページ
http://www.unisys.co.jp/security/solution/securetrunk/

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3143 2011/05/19 19:48

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング