SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マカフィー、次世代IPS基準のネットワークセキュリティフレームワークを発表

ネットワークセキュリティフレームワークには、アプリケーションの可視性と脅威のコンテキストに応じたセキュリティが特徴の新しい「McAfee Network Security Platform 7」が組み込まれているという。これは、2011年10月7日に発行されたガートナー社のレポート「次世代のネットワーク不正侵入対策の定義(Defining Next-Generation Network Intrusion Prevention)」に示された「次世代のネットワークIPS」の基準を満たしているという。

ガートナーのレポートによると、高度な技法を使って検出を防ぎ、ボットネットの配布の仕組みを使って多段式の攻撃を仕掛ける、ターゲットを絞った悪質な実行ファイルをユーザーのPCにインストールすることが脅威の中心になってきているという。それに対しては、修正プログラムが適用されていないサーバーに対する攻撃を阻止するだけでは十分ではないと指摘しており、スタック全体を検査するアプリケーション、コンテキスト、コンテンツを意識した次世代IPS基準が必要だとしている。

マカフィーのネットワークセキュリティフレームワークの特徴は次の通り。

・高度なネットワークIPS:
McAfee Network Security Platformは、何万ものセンサーを世界中に配備。プロトコルベースの検査により、高度なマルウェア、ゼロデイ攻撃、DDoS攻撃、ボットネットから企業を防御するという。最新版には、新しいDoS/DDoS対策機能、動作が不審なシステムをより正確に、確実に識別するための多数の新しいボットヒューリスティック機能が組み込まれているという。

・アプリケーション認識・管理機能:
McAfee Network Security Platformは、高度な脅威対策とアプリケーション認識機能を1つのエンジンに統合したIPSソリューション。第7層の1,100以上のアプリケーションの可視性や、アプリケーションの活動とネットワーク攻撃を関連づけ、セキュリティ対策の意志決定に反映できるように強化されたルール定義を提供するという。

・攻撃を未然に防ぐ脅威インテリジェンス:
マカフィーのネットワークセキュリティフレームワークには、新たな脅威を防ぐマカフィーのGlobal Threat Intelligence(GTI)が組み込まれている。何千億ものファイルのレピュテーションやアイデンティティ、IP、URL、プロトコル、位置情報データに基づいてインラインセキュリティの意志決定を行えるIPSソリューションだという。

・コンテキストを意識したセキュリティ:
マカフィーのネットワークセキュリティフレームワークは、マカフィーのGTI、脆弱性スキャン、アプリケーションの可視性、ネットワークの動作といった複数のソースのデータを関連づけ、確実に攻撃を特定し、誤検出をなくし、ダイナミックなセキュリティ施行の提言が可能になるという。

■McAfee Network Security Platformの詳細
http://www.mcafee.com/japan/products/network_security_platform.asp

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3657 2011/12/12 14:52

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング