SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本テラデータ、DWH製品の最新版「Teradata 14」を発表

列単位のデータ格納を実現するカラムパーティションとコールドデータの自動圧縮機能によりI/Oを削減してパフォーマンスを向上

「Teradata 14」の中核となる「Teradata Database 14」では、従来の行単位のデータ格納に加えて、新たにデータを列(カラム)単位で格納するTeradata Columnar機能や、コールド・データと呼ばれるアクセス頻度の低いデータを自動的に判断して圧縮する機能、そしてCPUやI/Oリソース割り当てを最適化する分析ワークロード管理機能の強化など、大量データを効率よく処理する新機能を搭載したという。金融、流通、製造、通信など大量データを活用した情報分析ニーズの高い業種を中心に販売を進めるとしている。

Teradata Columnarは、従来の行指向のテーブルに、列指向によるデータ格納を統合したデータベース機能。1つのテーブルで両方をハイブリッドで利用できるため、アプリケーションに応じた柔軟な物理設計が可能になるという。データを列単位にパーティション化することで、検索に不要な列がアクセスから排除され、パフォーマンスが大幅に向上するとしている。

また、同一列上のデータは同じデータ型を持つため、効率的な圧縮が可能。Teradata Columnarは、列単位のパーティションに含まれているデータに対し、その内容に応じて複数の圧縮アルゴリズムの中から最適なメカニズムを自動的に適用し、ストレージ量を削減するという。

コールドデータの自動圧縮は、アクセス頻度の低いコールドデータを自動的に判別して圧縮し、占有するストレージの領域を節減する機能。圧縮率が高いブロックレベル圧縮を利用し、最大20倍の圧縮効果が得られるという。頻繁にアクセスされるデータは、従来の非圧縮の形式で格納することで、圧縮解除処理の繰り返しが回避されるため、パフォーマンスが最大化するという。圧縮する対象データの選定やアクセス状況の監視はすべて自動化されており、データベース管理者が手間をかけることなくストレージの有効利用が可能になるという。

ワークロード管理機能の強化では、システム・リソースを仮想的に分割する仮想パーティション機能の実装とリソース使用の優先順位付けを強化したという。仮想パーティション機能では、CPUやI/Oなどのシステム・リソースを部門や国などのグループ単位で仮想的に分割できるため、課金体系や利用状況に応じた適切なリソースの運用管理が可能になるという。また、リソース配分機能の強化により、優先順位の高いワークロードがより確実に実行されるとしている。

■ニュースリリース
http://www.teradata-j.com/press/2011/20111214.html

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3667 2011/12/14 16:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング