Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

既存システムを活用する「中継システム」を設置して構築期間を短縮 日本IBM、タワーレコードの顧客管理システム構築を支援

  2012/08/28 14:00

日本IBMは、店舗およびオンラインで音楽や映像ソフト、書籍や雑貨などを販売するタワーレコードにおける顧客1人ひとりのニーズに応じたマーケティング実現に向け、同社の顧客管理システム「CRM PDCA推進システム」の構築を開始したと発表した。

このシステムは、構築を7月25日から開始し、要件定義と設計を終えて、8月20日から顧客中心のキャンペーン活動を管理するソフトウェア「IBM Unica Campaign」の導入がはじまっているという。新システムは9月下旬に稼働開始する予定で、構築期間は2カ月だという。

タワーレコードでは、「タワーレコード・メンバーズ」というタワーレコード店舗およびオンライン共通の会員サービスを提供しているという。会員には、店舗とオンライン・ショップの両方でのポイント加算・利用や、会員限定クーポンの獲得、店舗商品を来店なしで予約できるなどの特典があるという。

タワーレコードは、さらに顧客向けサービスを強化し、顧客1人ひとりのニーズを把握して顧客毎に適切な手法でマーケティングを実践する「ワン・ツー・ワン・マーケティング」を実現するため、顧客管理システムを刷新することにしたという。

新システムに採用された「IBM Unica Campaign」は、データベースから対象となる顧客のデータを抽出し、一定期間内に対象顧客に提案やメッセージを伝え(キャンペーンの実行)、その成果を検証するまでを一貫して管理、サポートできるキャンペーン管理ソフトウェアだという。設計、実施、分析、改善のサイクルにより、顧客中心型のコミュニケーションを実現するとしている。

タワーレコードの新システム構築では、パッケージ・ソフトである「IBM Unica」を活用し、顧客データベースや商品データベースを新規に構築することなく、既存システムを活用するという。既存のデータベースから会員データや商品データなどの必要データのみを抽出して、Unicaに引き渡すため、データベース管理システム「IBM DB2」とx86サーバー「IBM System x3650」を活用して「中継システム」を構築するという。このような手法をとることで、手組みやカスタマイズを要する際は通常半年以上かかる構築期間を2カ月に短縮できるという。

■ニュースリリース
http://www-06.ibm.com/jp/press/2012/08/2801.html

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5