SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBM、初期投資と運用要員なしに遠隔地バックアップを実現「リモート・データ保護」サービス発表

 日本IBMは、データをインターネット経由で保管するサービス「IBM インフォーメーション・プロテクション・サービス リモート・データ保護(以下、リモート・データ保護)」を発表した。サービスの提供開始は、8月1日から。

 このサービスでは、ユーザーのPCやファイルサーバからIBMのデータセンターに、インターネットを介してデータのバックアップを行う。サービスを利用する際には、データの暗号化や自動取得、復元などを行うための専用ソフトウェアをインストールする必要がある。バックアップは更新された差分が取得され、頻度や対象フォルダなどを設定することもできる。

リモート・データ保護イメージ
リモート・データ保護イメージ

 このサービスは、その料金形態に特長がある。実際に保管しているデータ量に応じて課金する形態で、ユーザー毎やパソコンなど機器毎の課金ではなく、すべてのユーザーおよびすべての機器から取得したデータ量の合算で使用料金が決まる。保管期間が最も短い1週間の場合は、1ギガバイトあたり950円となっている。

 また、通常のオンラインストレージと違い、より中堅企業向けのデータ保護を想定したサービス「リモート・データ保護エクスプレス」も用意されている。

 
【関連リンク】
IBM インフォメーション・プロテクション・サービス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

松藤 壯太(編集部)(マツフジ ソウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/481 2008/06/18 16:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング