EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データベースのクラウドへの統合作業を簡素化 日本オラクル、「Oracle Database 12c」の国内提供開始を発表

  2013/07/17 14:00

日本オラクルは、オラクルのデータベース製品の最新版「Oracle Database 12c」の国内提供を開始すると発表した。
 

「Oracle Database 12c」は、新しいマルチテナント・アーキテクチャによる次世代データベースだという。データ処理の高速化、信頼性の向上をめざした安全なデータベース基盤を実現し、企業におけるクラウド環境の構築を支援するとしている。

マルチテナント・アーキテクチャにより、データベースのクラウドへの統合作業を簡素化し、アプリケーションを変更することなく多数のデータベースを1つのデータベースとして一元管理することができるようになったという。

「Oracle Database 12c」の主な特徴は次のとおり。

・マルチテナント・アーキテクチャによりデータ統合の簡素化を実現
 新オプション「Oracle Multitenant」(オラクル・マルチテナント)を活用することで、システムリソースの効率性を大幅に向上、統合作業の簡便化、アップグレード作業の簡素化、パッチ適用など運用管理作業の効率化が可能。

・データの自動最適化を強化し、情報のライフサイクル管理を改善
 新しいヒートマップ機能によりデータの利用頻度を視覚的に把握することが可能。また、ポリシーを設定することで、データ利用頻度によって、圧縮、アーカイブするなど最後に処理をしてからの時間を基準にデータの管理状態の変更に関するポリシーの設定が可能。

・セキュリティの強化
 「Oracle Advanced Security」の新機能「Data Redaction」により、機密情報の閲覧可否を参照者の権限に合わせて動的に設定し、参照可能な部分のみを表示可能。「Oracle Database Vault」の新機能「Privilege Analysis」を提供することで、実行された情報をもとに権限の使用状況をレポートすることが可能に。

・データベース・クラウドの環境として可用性の強化
 新しいデータの同期機能「Active Data Guard Far Sync」を提供。遠隔地に配置したスタンバイ環境との間で発生するネットワーク遅延などの問題を解消し、ゼロ・データロスのスタンバイ環境構築を実現。

■「Oracle Database 12c」の概要
http://www.oracle.com/jp/products/database/overview/index.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5