EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ビッグデータ、モバイル、クラウド、セキュリティーを強化 IBM、ミドルレンジ向けのメインフレーム「zEnterprise BC12」を発表

  2013/07/24 12:00

日本IBMは、オープン環境に対応し、迅速かつ的確に経営の意思決定を行うためのデータ分析、基幹システムとモバイル・アプリケーションの連携、クラウド環境の構築、セキュリティー強化などに対応するために、メインフレームのミッドレンジ・サーバー「IBM zEnterprise BC12(zBC12)」を発表した。7月24日から販売し、出荷は9月21日からの予定。
 

「zBC12」は、従来の「IBM zEnterprise 114(z114)」と同価格帯で、4.2GHzで動作する32nm/SOI技術CMOSプロセッサーを搭載することで、コアあたりの処理速度は32%向上させているという。また、筐体あたりの処理能力向上により、統合可能な仮想サーバー台数が最大62%増加したという。

「zBC12」は、次のような4つを軸に、企業のビジネスの成長と変革を支援するとしている。

1. 全社規模のアナリティクスで知見獲得
 基幹システム上のデータをリアルタイムで分析する「IBM DB2 Analytics Accelerator for z/OS(IDAA)」と、データ分析アプライアンス「PureData System for Analytics」を連携させることで、分析処理を大幅に短縮。

2. 基幹アプリケーションをモバイルに解放
 新製品「CICS JSON Capability」や、モバイル・コンピューティング基盤構築支援の「IBM Worklight Studio」を組み合わせることで、モバイル端末から、スムーズかつセキュアに基幹システム上のアプリケーションを直接実行。

3. セキュアでオープンなクラウドでコスト削減
 IBMの最新OS「IBM z/VM 6.3」は、高度なセキュリティー機能を有しながら、OpenStackに準拠。OpenStackに対応した、サーバー、ストレージ、ネットワークなど、さまざまなITインフラとの連携が可能。

4. 究極のセキュリティーと事業継続
 暗号処理カード「Crypto Express4S」を利用することで、デジタル署名機能を追加し、EMVやPKCS#11など業界標準プロトコルをサポート。また、24時間365日の連続稼働を支援する災害対策ソリューション「IBM GDPS/Active-Active continuous availability(広域分散並列ソリューション)」も用意。

■製品の詳細
http://www.ibm.com/systems/jp/z/hardware/zbc12/

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5