SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、アプリケーションのリリースを自動化・効率化するソフトウェア「IBM UrbanCode」ファミリーを発売

 「IBM UrbanCode」ファミリーは、自動かつ包括的な管理によりアプリケーションのライフサイクル管理の最適化をサポートする他、モバイルやクラウドの活用などで、変化の早いビジネスへの対応を強化したいユーザーに対応した製品であるとしている。

 ライセンス使用価格は、「IBM UrbanCode Deploy」が3,274円から(税込、管理対象サーバーの1プロセッサー・バリュー・ユニットあたり)、「IBM UrbanCode Release」が545,790円から(税込、1ユーザーあたり)からで、9月6日よりIBMならびにIBMパートナー経由で提供する。

 IBMでは、開発と運用が密に連携するDevOpsの推進において「アプリケーション・リリースの自動化」は重要な要素のひとつであるとし、この機能を実現するソフトウェア製品を持つUrbanCode社を2013年4月に買収、統合を完了。

 今回発表した「IBM UrbanCode」ファミリーは、UrbanCode社のARA(アプリケーショ ン・リリース・オートメーション)ソフトウェア製品群を、IBMのラインアップとして提供を開始するもの。

■関連リンク

・ 「IBM UrbanCode」ファミリー : http://www.ibm.com/software/jp/rational/products/urbancode/

・「IBM DevOps ソリューション」 : http://www.ibm.com/software/jp/rational/devops/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5102 2013/09/03 13:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング