EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Xeon E5-2600 v2搭載などで性能を強化 NEC、仮想化やビックデータ向けIAサーバ「Express5800シリーズ」4機種を発表

  2013/09/13 13:00

NECは、IAサーバ「Express5800シリーズ」において、最新のインテル Xeon プロセッサー E5-2600v2製品ファミリーを搭載し、ストレージなど周辺装置とのI/O性能を強化した2Wayラックマウント型サーバ2機種、ブレード型サーバ1機種、メニーコアサーバ1機種を9月13日から発売すると発表した。

ラックマウント型サーバは、最新CPUの搭載や最大メモリ搭載量を従来比2倍に拡大することで処理性能を従来比30%向上するとともに、PCI Express 3.0に対応したRAIDコントローラによりI/O性能も強化したサーバの仮想化に適した製品だという。

ビックデータ活用の基盤に適したメニーコアサーバは、処理性能を従来比最大23%向上させたモデルなど、5モデルにラインアップを拡充。インテル Xeon Phiコプロセッサーと組み合わせることにより、システム規模に合わせた性能選択を可能にした製品だとしている。

発表によると、新製品の主な特徴は次のとおり。

・サーバ仮想化に適した2Wayサーバ(ラックマウント型、ブレード型)
 Xeon プロセッサー E5-2600v2製品ファミリーを採用することで、処理性能を従来比最大30%向上。また、Microsoft Windows Server 2012 Hyper-Vの自動セットアップに対応したシステムセットアップユーティリティ「EXPRESSBUILDER Ver.7」を標準搭載。

 さらに、運用管理をサポートするEXPRESSSCOPEエンジン3を強化し、OSの種類に依存しないネットワークのステータス監視や故障発生時のためのリモートKVMの録画機能をサポート。これにより、システムトラブルの迅速な解決が可能。

 ラックマウント型「Express5800/R120e-2M、同/R120e-1M」(2U)では、Xeon プロセッサー E5-2600v2製品ファミリーの搭載に加え、最大メモリ搭載量を従来比2倍に拡大。さらに、RAIDコントローラを強化、PCI Express 3.0に対応、データの読み書きを行うI/O性能を強化するとともに、キャッシュメモリにフラッシュメモリを採用しバックアップユニットの定期交換が不要。

・ビックデータの活用を加速するメニーコアサーバ
 Xeon プロセッサー E5-2600v2製品ファミリーを採用し、処理性能を最大23%向上。さらに、メニーコアサーバの特徴であるPCIボードへ搭載するインテル Xeon Phi コプロセッサーを3種類から選択可能で、システム規模に合わせた性能選択が可能。

■製品の詳細
http://jpn.nec.com/press/201309/20130913_01.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5