SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、セキュリティー製品「IBM Security QRadar V7.2.2」を発表

フォレンジックスデータをもとに、インシデントのより効率的な調査・分析機能を実装

 「IBM Security QRadar V7.2.2」は、グラフィック・インターフェイスの日本語対応に加え、コンピューターやネットワーク上の活動を記録する通信ログなどのフォレンジックスデータをもとに、セキュリティー・インシデントのより効率的な調査と疑わしい活動により受けた影響を分析する「IBM Security QRadar Incident Forensics」を、新たな機能として実装しているという。

  この製品は、「IBM Security QRadar」の基盤となる「IBM QRadar Security Intelligence Platform」のモジュールとして設計された新しいソフトウェア製品として位置づけられている。

 この製品が実装する「IBM Security QRadar Incident Forensics」は、ネットワークに流れるすべてのパケットを記録・保存(キャプチャー)することで、高速検索をするためにIPアドレスやプロトコル情報などの情報をインデックス化するという。

 また、ユーザーが問題を特定しやすくするために、パケット情報から添付ファイルや動画ファイルを再構成し、組織内外で発生する情報漏えいなどのセキュリティー問題や内部犯行を含め、やり取りされる情報の可視化と分析が可能になるという。

 さらに、「IBM QRadar SIEM」から得られた情報をもとに、疑わしいと思われる情報を抽出して、フォレンジック調査と連携するとしている。

 「IBM Security QRadar V7.2.2」は、パフォーマンスやスケーラビリティ機能の強化も実現。新規の「IBM System x」ベースのM4アプライアンスのサポートにより、Events Per Second(EPS:1秒あたりのイベント数)、Flow Per Minutes(FPM: 1秒あたりのフロー数)がこれまで以上に拡張可能となり、また、ストレージ容量が拡張されているという。

 なお、提供形態は、ソフトウェア・ライセンス、ならびに物理アプライアンスや仮想アプライアンスとなり、最小構成の参考価格は45,296,000円(税抜)

【関連リンク】
「IBM Security QRadar」の詳細

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5829 2014/05/08 12:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング