SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

網屋、遠隔地リアルタイムバックアップソフトウェア「Secure Back 3」販売開始

ファイルごとに暗号化、3箇所のデータセンタに転送

 株式会社網屋が、遠隔地リアルタイムバックアップソフトウェア「Secure Back 3」の販売を開始した。

 「Secure Back 3」は、株式会社アール・アイが開発した国産ソフトウェアで、サーバ1台、50ユーザーの中小規模から、1,000ユーザ規模まで幅広いニーズに対応可能。「ユーザーに分かり易いソフト」を開発ポリシーとしており、専任の管理者が不在の中小規模ユーザーでも、Webベースの管理画面から簡単な操作で確実にデータをバックアップおよびリストア(復旧)可能なBCP(事業継続計画)ソリューションである。バックアップサーバにソフトウェアをインストールするだけで、遠隔地のデータセンタへのバックアップ環境を構築できる。また、バックアップ対象のファイルごとに個別の鍵で高速に暗号化する強力な暗号化機能を備えており、データのセキュリティも確保する。

 クライアントPC1台当たり月額158円から(100ユーザの場合)の低価格でデータバックアップを徹底させることができ、オフラインで社外に持ち出ししていたPCを帰社時にLANに接続すると、オートコンプリータ機能により、更新されたファイルのバックアップが自動で開始される。また、ファイルが変化した瞬間にリアルタイムにバックアップするため、システム障害や人為的なミスなどでデータを失った場合でも、その直前の状態にすぐに復旧させることが可能で、1~99世代までのデータを保存できるという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/587 2008/07/15 17:09

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング