SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Dell、次世代統合アーキテクチャ「Dell PowerEdge FX」とサーバ4機種を発表

 「Dell PowerEdge FX」は、ブレードとラックのそれぞれの要素をストレージとネットワークが統合された1つの共通モジュラープラットフォームに組み合わせ、ビジネスニーズに合わせたインフラの管理、スケーリング、予算策定を円滑に行うことができるという。

 「PowerEdge FXアーキテクチャ」は、2Uエンクロージャで、FX2シャーシに収まるように設計された新しい「PowerEdgeサーバ」、ストレージ、ネットワークIOAスレッドを備えており、あらゆるワークロードに対応するとしている。

 統合管理機能を備えたFXアーキテクチャにより、キャパシティの構成、管理、追加を手軽に行い、ITリソースのワークロード固有のブロックを構成することができるという。

 それにより、電源、入出力、および管理の共有、統合スイッチング、10Uに最大40台の2ソケットサーバを収容できる超高密度を実現可能にしているという。

 次世代統合型アーキテクチャ「Dell PowerEdge FX」には、次のようなエンクロージャやサーバブロックなどが含まれる。

 ・「Dell PowerEdge FX2エンクロージャ」:電源、冷却、ネットワーキング、管理、およびI/O拡張スロットを共有できるコンパクトなラックベースのインフラストラクチャに、パワフルなサーバとストレージブロックを統合した2Uラックベースのコンバージドプラットフォーム。

 ・「Dell PowerEdge FC630」:ハーフワイド、ハーフハイトの「PowerEdge FX」用サーバブロックで、パワフルなプロセッサーと大容量メモリを搭載しており、仮想環境のホスティングやビジネスインテリジェンスアプリケーション、データベース、プライベートクラウドの実行に最適。

 ・「Dell PowerEdge FM120x4」:「PowerEdge FX」用のハーフワイドスレッドで4台のシングルソケットマイクロサーバを搭載。FX2エンクロージャあたり最大16台のマイクロサーバに対応し、Webサービス、専用ホスティング、軽負荷の分析に適した高密度ソリューション。

 ・「Dell Networking FN I/Oアグリゲータ」:FX2に合わせた特別設計。追加のケーブル配線やLAN / SANアダプタを最大で50%削減、アップストリームトップオブラック(ToR)スイッチをデータセンター全体で最大75%削減可能。低レイテンシのネットワークパフォーマンスを実現するためにイースト/ウエストトラフィックフローを最適化。

 同時に、9月に発表したIntel Xeon Processor E5 2600 v3ファミリーを搭載する第13世代PowerEdgeサーバ4機種に続き、新たにブレード型サーバ「Dell PowerEdge M630」、ラックサーバ型サーバ「Dell PowerEdge R530/R430」、タワー型サーバ「Dell PowerEdge T530」の4機種が追加された。

 「Dell PowerEdge」第13世代サーバは、幅広い用途のアプリケーションやワークロードに関わる価格対パフォーマンスの最適化を実現するため、ニーズに合わせたエンジニアリングや、業界をリードするシステム管理機能を搭載したストレージ、プロセッサー、メモリに関わる最先端のテクノロジを提供するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6334 2014/11/12 15:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング