SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAPジャパン、次世代の会計ソリューション「SAP Simple Finance」を提供開始

 「s-innovations」は、ビジネスとITの複雑性を排除し、企業の経営のシンプル化を支援するアプリケーション群の総称。「SAP Fiori」のユーザーエクスペリエンスと、「SAP HANA SP9」が可能にする新たなマルチテナンシー機能を最大限に活用し、会計、顧客との契約や商取引、調達、プロジェクトサービス、在庫管理における重要なプロセスを含む、各事業部門をまたがる最も重要なビジネスシナリオに注力して設計されているという。

 「SAP Simple Finance」は、最も複雑な財務プロセスやIT環境をシンプル化するというニーズに対応し、CFOや経理・財務部門にリアルタイムの洞察を提供することで、ビジネスの変革を実現するという。

 最新の会計機能を追加するとともに、「SAP HANA Enterprise Cloud」や、他提供者のマネージドクラウド、オンプレミスといったさまざまな形態とハイブリッドな環境での稼働をサポートしており、状況に応じてこれまでのIT投資を無駄にすることなく導入可能だという。

 このソリューションによって、経理・財務部門は今後、これまで以上に高い信頼性とセキュリティを備えた環境で、財務会計、資金管理、回収管理等の財務オペレーションだけでなく、計画策定、分析、予測、リスク管理、コンプライアンス対応などのミッションクリティカルな業務プロセスをリアルタイムに実行することができるとしている。

 「SAP Simple Finance」は、ソリューションの選択から、実装、経理・財務部門ユーザーによる実際の利用に至る全プロセスを通じ、容易に導入することができる。また、最新鋭の設計原理を活用した「SAP Fiori」をオプションで導入することも可能になる。

 「SAP Simple Finance」の主な機能は次のとおり。

  •  取引データと分析処理を合理化し、照合作業が不要となる単一のデータソース(Single source of truth)の提供
  •  月末の経理処理などを、バッチ処理からリアルタイム処理へと移行する最新のオンザフライ機能
  •  新たなビジネスモデルを検証して、利益への潜在的な影響を即座に評価する画期的で迅速なプランニングと予測分析機能を保持したフォーキャスト機能
  •  洞察を即座にアクションに変えるための、経理・財務ユーザーがセルフサービスであらゆる情報を見ることができる新たなレポーティングと分析機能
  •  統合型のビジネスエコシステムを確立し、顧客、サプライヤー、銀行、法的機関との間で最適なコラボレーションを推進するビジネスネットワークへのリアルタイムな接続
  •  さまざまな通貨、言語、業種を対象とした、グローバルな規制コンプライアンス機能と、組み込み型の法的コンプライアンス機能、あらゆるエンタープライズプロセスにもとづいた継続リスク評価機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6407 2014/12/09 17:01

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング