SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

東芝ソリューション、ディスクストレージシステムのラインアップを一新

 東芝ソリューション株式会社は25日、ディスクストレージシステム「ArrayFortシリーズ」のラインアップを一新、上位モデル「AF7500」、中位モデル「AF2500」、エントリモデル「AF1700」の取り扱いを開始した。

 新商品3モデルでは、従来モデル比2倍以上のスループット性能と拡張性、運用性の向上、省電力化を実現。データセンターや大規模基幹システムから部門システムまで幅広く適するように拡張性を備える。

 また、RAID6や多様なレプリケーション機能をサポートし、信頼性と可用性を高めているほか、同一筐体内でSAS/SATA HDDを混在させることも可能。

 複製(レプリカ)ボリュームのHDD電源を、運用時の設定でON/OFFできる省電力機能を備えており、欧州RoHS指令やグリーン購入法にも適合した設計となっている。

 

「AF7500/AF2500」(上位モデル/中位モデル)

 スループット性能を、従来モデル(AF7000/AF2000)比で1コントローラあたり2倍以上にあたる1.5GB/sに向上させた。

 また、ストレージの仮想化技術による「容量プロビジョニング機能」をサポートしており、(論理容量ではなく)実際に必要なディスク容量で運用できるため、省電力化を図ることができる。

 AF7500は、最大8コントローラ(デュアルコントローラ×4)構成で、HDDを最大432台(SAS:129.6TB,SATA:432TB)搭載可能。AF2500はデュアルコントローラ構成で、HDDを最大108台(SAS:32.4TB,SATA:108TB)搭載可能となっている。

「AF1700」(エントリーモデル)

 スループット性能を、従来モデル(AF2000S)比で1コントローラあたり2倍以上の780MB/sに向上させた。HDDを最大48台(SAS:14.4TB,SATA:48TB)搭載可能。また、デュアルコントローラ構成、もしくはシングルコントローラ構成の選択ができる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

緒方 啓吾(編集部)(オガタ ケイゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/663 2008/08/28 11:12

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング